Poisson

緊急事態宣言明けに納得のビストロディナーを@堺筋本町「A LA CIVETTE」

Poisson

A LA CIVETTE

まだまだ予断は許さないとはいえ、緊急事態宣言が明けました。

そこで、以前ランチにお伺いした堺筋本町の「A LA CIVETTE」で、友人たちとディナーを食べようということに。ランチで伺ったときは、アルコールの提供が不可の状態だったので、制限が解除されたら、ぜひもう一度と思っていたんです。

友人たちとのディナーも久しぶりで、しっかりと酔って気持ちよい時間を過ごすことができたので、あらためて「A LA CIVETTE」さんのディナーをご紹介。

↓前回訪問時のレビュー(ランチ)

関連記事

緊急事態宣言の開けない大阪。 友人とワイワイとお酒を飲んで……ということができず、夜8時にはお店も閉まってしまう中で、ランチタイムにプチぜいたくをという楽しみ方に写ってきています。 久しぶりにご一緒しませんかとおいしいもの好[…]

A La Civette

おすすめスタンダードコース ¥7,700

ディナータイムは5,500円のベーシックコースから提供されていますが、魚、肉の両方のメインディッシュがお値打ちでおすすめです。

料理はその日の仕入れによって変わりますので、全て同じ料理を頂けるわけではありませんが、一つ一つの素材、調理法を聞いているだけで楽しくなります。

ワインがお好きな方は、料理に合わせてソムリエがチョイスするペアリングが4,000円(3種)からであります。
私はお酒自体があまり得意ではないので、グラスで一杯で十分なんですが、幅広い知識で教えてくださるので安心して任せることができます。

Amuse-bouche

Amuse

アミューズは3種。奥から、鴨と中華粥、チキンナゲット、ジャンボン・ペルシエ。

チキンナゲットはケイジャンソースでアメリカ風、中華がゆに、フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理ジャンボン・ペルシエ。最初から全開で楽しませてくださいます。

ジャンボン・ペルシエはゼリー寄せで、具材として豚ロースハムとゴボウが入っています。爽やかな香味で食欲がわいてきます。

Entrée 1 鯖と鳴門金時のテリーヌ / 鯖のマリネと根セロリのピュレ

entree1鯖は味わいが異なる2つの料理法で。

甘みがしっかりとした旬の鳴門金時のテリーヌには、燻製した金華サバを仕込みスモーク炭塩と生姜パウダーをあわせます。燻製香が面白く、鯖のうま味だけがグッと引き立っています

鯖のマリネは、リンゴ酢で締めており、根セロリのピュレと合わせることで爽やかな酸味でテリーヌとは全く違った味を楽しめます。ソースはリンゴをジュレ状に甘くしておりこれもアクセントに。

Entrée 2 吉野産仔猪のブータンブランと鳶色舞茸のコンソメ仕立て

Entree2A LA CIVETTEお得意のジビエですが、これは本当にすごかったです。

3種類のキノコ、黒しめじ、鳶色舞茸、花びら茸とブータンブラン(ソーセージ)、そして濃いコンソメが絶妙なうまさで、手が止まらなくなります

そして、お皿に添えられたカボスを一滴、二滴抑えめに絞ると、華やかな酸味で風味が一変します。その前後、どちらもが「うまい」としか言いようがありません。

ブータンブランの噛むほどに濃厚なうま味もたまりません。

Pasta シャラン鴨の自家製サルシッチャと焼き葱のキタッラ

Pastaパスタはキタッラというかなり太めのもの。

断面が四角形になっている太めのパスタなので、グッと噛みしめるボリューミーさが魅力です。

自家製のサルシッチャはオーダーが入ってから詰めるという工程を取っています。パスタの太さに負けない濃厚な肉のうま味が感じられるサルシッチャは、パスタと合わせる際に焼いているのでフレッシュさもあり、焼き葱の香ばしい香りと合わさってとてもバランスの良いうま味の強いパスタに仕上がっています。

フォカッチャ・カンパーニュパスタソースに合う自家製のフォカッチャとカンパーニュ。カンパーニュは全粒粉で作られているので、少し固めの食感でソースをちょっとあわせるとイイ感じ。

Poisson アルプスサーモンのポワレ 塩レモンのベアルネーズ

Poissonメインの魚料理はアルプスサーモンです。信州で育てられているアルプスサーモンは、ニジマスの品種で、脂がしっかりとのっているのに身はフレッシュで焼いても揚げてもおいしくいただけるとのこと。

ソースはベアルネーズソースと呼ばれるハーブソースなんですが、塩レモン(レモンピクルス)と龍の玉子の卵黄を使用していて、アルプスサーモンに近い色合いで深い青緑の皿に映えます
見た目だけでご飯食べれそう……
マヨネーズと同じ乳化現象を利用したソースで、酸味が強いわけではありません。ディルが添えられていますがソースにもハーブが含まれているので、香りが良くさっぱりとしたアルプスサーモンが美味しさが引き立てられました。おいしかったぁ。

Viande 吉野産鹿肉のロティ ソース・グランブヌール

鹿肉のロティお肉のメインは、やはりお店の売りのジビエです。
ジビエが苦手な方は、獣肉の臭みや肉質の固さが苦手方が多いと思うのですが、処理がしっかりとされていて、そういった嫌な癖は全くありません。

噛みしめるほどに肉のうま味が感じられ満足感の高い一皿です。
ベリーをあわせた胡椒ソースはほのかな酸味で肉によくあって、栗が添えてあるのも季節を感じられて素敵です。

Dessert 栗のクロケットとラム酒のババロア 栗と蜂蜜のチュイル

栗のクロケットデザートにも旬の果物を使っています。栗のクロケット(コロッケ)はカリッとした衣の中にペースト状の栗がたっぷり含まれています。

栗の風味が含まれた甘いスープに、ラム酒のババロアでなんとも大人なデザートです。

焼き茄子のジェラートとチョコレートのテリーヌ

Desartデザート2皿目はジェラート。

南イタリアで茄子にチョコレートを加えるデザートがあり、そこから発想したというジェラート。

生の茄子でも試してみたといいますが、焼き茄子にした方が美味しかったとのことです。
これ、まずはチョコレートは口にせずにジェラートだけを食べて欲しい。

焼き茄子の香ばしい香りが一瞬感じられ、すっと消えていく、そんな繊細なジェラートです

チョコレートのテリーヌは濃厚でこれもまたおいしいのですが、ジェラートの味が衝撃的で感動してしまいました。


ビジネス街にあるお店ですが、落ち着いてランチ、ディナーを楽しめるお店です。

また機会を見つけてうかがいたいと思います。ごちそうさまでした。

店名 A LA CIVETTE
ジャンル フレンチ、イタリアン、
住所 大阪市中央区備後町1-4-14
電話番号 06-6263-2233
交通手段 大阪メトロ中央線/堺筋線・堺筋本町駅から徒歩5分
営業時間 [月~日曜日・祝日]11:30~14:30
[火~日曜日・祝日]18:00~23:00(LO.21:30)コロナ禍のため、正確な営業時間はお問い合わせください
定休日 無休
サイト 店舗サイト / Facebook / Instagram / 食べログ