2017年3月

1/2ページ

キャラメルボックス「鍵泥棒のメソッド」原作厨も納得の再現度+α

2014年の初演からたった3年で再演になった「鍵泥棒のメソッド」。原作の映画版「鍵泥棒のメソッド」を作った内田けんじ監督も大絶賛の公演、しっかりと見てきました。 再現度が凄い 「鍵泥棒のメソッド」は内田けんじ監督で2012年に公開された映画作品。売れない俳優の桜井を堺雅人さん、謎の多いコンドウ役を香川照之さんというゴールデンコンビで第36回日本アカデミー賞で最優秀脚本賞、主演男優・助演男優賞を受賞 […]

帰ってきたヒゲボーズ、和風ダシカレーのNo.1@中崎町「Zipangu Curry Cafe` 和風カレーHiGE BozZ」

豊崎のうどんの名店「情熱うどん讃州」さんからスピンアウトして2015年3月から東三国で間借り営業していた「和風カレー HIGEBOZZ」さん。一旦、間借り営業終了後は「情熱うどん讃州 新大阪店」でカレーを提供していましたが、この度、中崎町に店舗を構え、本日堂々と復活の狼煙をあげました。 なんと言っても、こちらの売りは「欧風+和ダシ」という、やっぱり発想がカレーうどんっぽいところ。間借り営業を終了し […]

阪急 文具の博覧会2017春「色で気分を変える筆記具」

阪急百貨店定番の春の催しが今年も始まっています。 文具の博覧会2017春「色で気分を変える筆記具」週末朝イチで行ってきました! 色とりどりで筆記具展示 今回の展示のメインは筆記具。ペン類を中心に、ペンの種類ではなく色ごとにまとめた展示です。 赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫と6色のカラーに合わせて、各社のペンをまとめて見て、試すことができるようになっています。フリクションやジェットストリーム、サラサ […]

普通の食堂の普通じゃない海老フライがすごい@難波「普通の食堂いわま」

大阪の笑いの殿堂「なんばグランド花月」。その南側にある商店街が千日前道具屋筋商店街、飲食店の業務用調理器具や什器を買うならこちら……だったんですが、最近は閉めてしまったお店も多くて残念なところ。 ですが、周辺の飲食店はまだまだ元気です。今回はそんな道具屋筋の側にある「普通の食堂」をご紹介。 「普通の食堂いわま」さんは、「愛情たっぷりのこだわり料理を普通に楽しめる普通の食堂」。お昼のメニューはサバの […]

  • 2017.03.16

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」美しい物語には、美しいラストシーンが良く似合う

夏目漱石の『それから』のことを話してくれませんか? どういう話なのか、できるだけ詳しく知りたいんです 美しい物語には、美しいラストシーンが良く似合います。死んでしまった祖母から受け継いだ夏目漱石の「それから」を通じて現れた物語から始まった「ビブリア古書堂の事件手帖」、この7巻をもって無事完結しました。 ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はあ […]

日曜限定、実は間借りじゃない野菜と豆と果物の本格カレー@中崎町「ナブサリカレー」

ここ1年ほど新規オープンが多いように思える天五中崎町商店街。昨年10月にオープンした「オカズtoステーキ」もその一つ。商店街を通るときは大概が、どこかで呑んだ帰りだったりするので、「なんか良い雰囲気のお店が出来ているなぁ。でも今から肉バルでステーキなんて喰えないなぁ」と思いながら通り過ぎていました。 つい最近、お店の前を通った時に、カレーの良い匂いがして店頭の看板を見ると、カレーラーメンと書かれて […]

休日はマクロビオティックなランチで体をリフレッシュ@本庄西「Veggie Cafe & Catering misola」

外食ランチが中心の人たちは私も含めてちょいと栄養が偏りがち。できる限り、野菜を食べるようにしたり工夫はしているつもりであっても限界があります。 そんなある日、あるイベントで知ったカフェが週末の金・土・日曜日だけでヴィーガン向けの野菜カフェをされている事を知りました。そこでさっそく、週末にそのお店に行ってみることに。 お店は自宅から近い本庄西のエリア。観光客などで賑わう中崎町のエリアからはちょっとは […]

劇団レトルト内閣「オフィス座の怪人」 生音ビシバシ、心地良く響く音楽劇

何が縁になるか分からないものです。 今日は仕事を終えて天王寺へ。実は、来週土曜日(3/18)から始まる天王寺動物園の「イースターナイトZOO」のプレス公開があったのですが、そちらはさらっと同僚に任せ、あべのハルカスに登っていこうとする観光客も横目に近鉄アート館へ。 あべのハルカスグランドオープン3周年記念として近鉄アート館で開催されているVIVA!ミュージックアート館2017の第4弾演目、劇団レト […]

しばらく封印していた財布の紐が……緩んでしまった素敵な手拭い

ハンカチよりも、手拭いが好きです。ハンカチの代わりにいつもポケットには手拭いが入っています。 ある舞台女優さんが使ってはった京都のRAAKでデザイン性の高い手拭いに触れてから、完全に虜になり、今のお気に入りは大阪・堺のにじゆらさん。大阪の製品やということもあるのと、何より注染(ちゅうせん)という技法で染められた手拭いのまさに「にじ」んだり「ゆら」いだりするグラデーションが素敵で、ついつい何枚も買っ […]