2014年3月

「梅田まち案内エスコート」で掴んだもの

奇妙な案内ですが、友人にお誘いを受けて、この「第4回 梅田まち案内エスコート」に参加してきました。 「梅田まち案内エスコート」はキタ歓楽街環境浄化推進協議会が主催する活動の一つ。 梅田のまちで行き先に迷っている人に声をかけて、「まち案内」をする。 たったそれだけのことと言えばそうなんですが、参加してみて気づかされたことがあったのでご紹介します。

“マチオモイ”が溢れてる「わたしのマチオモイ帖」

メビック扇町で開催している「my home town わたしのマチオイ帖」を見に行ってきました。 マチオモイ帖は3.11の震災をきっかけに2011年4月に瀬戸内海の小さな島の町、広島県因島重井町を紹介する一冊「しげい帖」をあるクリエイターが制作したことから広がったクリエイターができる社会貢献として始まった活動。 今回は東京会場が東京ミッドタウン・デザインハブで2014年2月28日(金)から3月23 […]

  • 2014.03.16

「生活保護通知・通達総索引」2013年度版 ver1.10更新しました!

昨年末に公開しました「生活保護通知・通達総索引 2013年度版」。 公開以来、続々と……と言うわけではありませんが、公開から3ヶ月が経過しながら、頻繁に様々な自治体のケースワーカー、査察指導員から「見てみたい」とご連絡をいただいています。 そんな「生活保護通知・通達総索引 2013年度版」、マイナーヴァージョンアップしましたので、更新内容をお知らせします。

タイムトラベルな日々:ジャック・フィニィ「愛の手紙」

タイムトラベルな日々。 前回の「クロノス・ジョウンターの伝説」の吹原和彦のように、相手への思いがたっぷり詰まった作品を紹介しようと思ったら、この作品を思い出しました。 ジャック・フィニィの「愛の手紙」 ジャック・フィニィでタイムトラベル物と言えば、代表作の長編小説「ふりだしに戻る」なんですが、「ゲイルズバーグの春を愛す」という作品集に収録されているこの短編を個人的には一押しして紹介したいと思います […]

タイムトラベルな日々:「クロノス・ジョウンターの伝説」

タイムトラベルな日々。 2冊目は梶尾真治さんの「クロノス・ジョウンターの伝説」です。 梶尾真治さんは映画化もされた「黄泉がえり」や、地球が生まれてから現在までの記憶を持つ女性を描いた「エマノン」シリーズなど多数のSF作品を生み出しています。 いくつか時間旅行をテーマにした作品もあるのですが、今回は魅力的なタイムマシンが登場するこの作品をご紹介。

タイムトラベルな日々:K.グリムウッド「リプレイ」

先日、キャラメルボックスの「あなたがここにいればよかったのに」を観劇してきました。 劇団お得意のタイムトラベルを題材にした作品だったのですが、改めてタイムトラベル物が好きやなぁと思った訳でして。 で、ちょっと自己満足的に「タイムトラベルな日々」と称して、好きなタイムトラベル物を紹介してみようかなと思った次第。 まずは、「あなたがここにいればよかったのに」の元ネタと言いますか、アイデアの出発点になっ […]