夏限定。そば屋のカレーが冷やしで大変

夏が来ると食べたくなる一品というものがあります。
冷たいもの、夏らしい季節のもの、辛いもの、そして何より美味しいもの

今回は、そんな要素をしっかりと盛り込んだ一品を提供しているお店をご紹介。

お店の場所は北新地。

夜の町である北新地もランチタイムは多種多様なお店があり、リーズナブルなお店から超高級店まで揃っています。「そば処 とき」は、日本最北端の蕎麦栽培の地といわれる北海道音威子府産“北厳蕎麦”を石臼で挽いた本格的な手打ちそばが食べられるお店。
毎日行くにはちょっと懐に厳しいですが、夏がくると思いだしてついふらっと訪れてしまうお店です。

Sponsored Link

冷やしカレー蕎麦(¥1,600)

そんな夏のお薦めが冷やしカレー蕎麦
「冷やし?」「カレー?」と思うかもしれませんが、これがまた素晴らしく合うんです。

しっかりと冷水で締めた蕎麦の上に盛り付けられているのは夏野菜の素揚げ。オクラ、ズッキーニ、パプリカ、茄子と夏前から暑くなるにつれて旬を向かえる野菜の素揚げの甘味はカレーだしの辛味が良いアクセントになっています。

そして、やはりカレーです。「うどん屋、蕎麦屋のカレーは美味しい」と言いますが、何しろ「だし」の美味さが違います。スパイスの効いたカレーの刺激を優しく受け止めるだしの力が素晴らしく、冷たいだしでもスパイスが尖ったり粉っぽくなったりせず、飲み干せる良い味わいに整っています。
蕎麦はもちろん言うこと無し。しっかりとした食感と風味、喉ごしを味わうことができます。

忘れてはいけないのが、お蕎麦を頼むと必ず付けてくださる半切れの「巻き寿司」。
これが本当に美味しいんです。
具だくさんで、口にすると山椒の香りがふっと鼻に抜けます。巻きは柔らかで、上質な海苔と豊かな食味の具材でいつも大満足です。

もちろん、二八蕎麦や十割蕎麦で蕎麦の美味しさをしっかりと味わって欲しいのですが、自分にちょっとパワーを付けたいときに味わって欲しい冷やしカレー蕎麦です。

淀屋橋で仕事していたときには一年に一回は行っていたんですが、本当に久しぶりに行くと価格が300円ほど上がってました……うぅ、さすがに食べまくるぞとは行きませぬな。とは言え、美味さは相変わらずでした。ごちそうさまでした。

店名 そば処 とき
ジャンル 蕎麦
住所 大阪市北区堂島1-3-4 谷安ビル1F
電話番号 06-6348-5558
交通手段 JR東西線・北新地駅より徒歩5分
営業時間 [月~金]11:30~14:00/18:00~2:00
[第2・4土]11:30~14:00
定休日 第1・3土曜日、日曜日、祝日
サイト ホームページ/Facebook/ぐるなび

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。
一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-