カレーEXPO出店店舗を追っかけてみる@天満「ナーガカリー」

続ける気あったんだ……とでも言われそうですが、久々のカレーEXPO出店店舗を追いかけてみる企画。

GW突入! 万博公園に関西のスター級カレー店集結「第3回カレーEXPO」

2017.04.29

今回は天満で間借りカレーとして名を馳せる「ナーガカリー」さんに行ってまいりました。

お店はJR大阪環状線・天満駅からマクドナルドの脇を入って徒歩2・3分といったところ、和韓酒家「武福」で営業しています。

久しぶりのナーガカリー。コソッと食べて、コソッとレビューを書こうと思ったら、サクッと見つかってしまって「お久しぶり」と声を掛けられてしまう始末。
そうなんですよ、中崎町から移転してから一度もお店にいってなくてカレーEXPOなどの催事で食べてるだけだったんで……申し訳ないです。

Sponsored Link

ナーガプレート(¥1,000)

久しぶりのナーガカリーに敬意を表して、もちろんあいがけの「ナーガプレート」に、+¥100のパクチートッピングで。残念ながらバスマティライスは売り切れ。ちなみにナーガプレートはご飯大盛りはサービスになっています。

この日のナーガプレートは「ヤゲン軟骨カリー」+「ぶり大根ココナッツカリー」の2種あいがけに、ゴールドラッシュの豆カリー、赤キャベツのスパイス炒め、長なすスパトマ炒め、スパイス半熟玉子の副菜がドーンとワンプレートに乗ったイイ感じのプレートになっています。

ヤゲン軟骨カリーは以前の店舗でも食べたことある(はず)。軟骨はしっかりと煮込まれており、固さは全くありません。しっかりとした辛味に後追いでやってくるスパイスの刺激が素敵、ホールスパイスを噛みしめるとワッと全体の香味が一段上がるんですよ、これが。

ぶり大根ココナッツカリーは「邪道」と自称するナーガカリーさんらしいカレー。最近は出汁推しのカレーが流行っていますが、ぶり大根のうま味とココナッツの滑らかさが本当に面白いカレーです。ココナッツ系があまり得意ではない私ですが、こちらのココナッツカリーはココナッツ臭さがほとんどなく、うま味とスパイスの効いたカレーを巧くまとめているといった感じ。副菜というか3種類目の豆カリーと全てを混ぜ混ぜしていただくとさらにバランス良く、なにがスパイスカレーの本道で、なにが邪道か分からなくなりそうです。

友人のカレオタ・TAK氏によると、日曜営業でビリアニも始めたらしくそちらも興味深いですね。テイクアウト(ルーのみも可)もやっているので、今度は買って帰って家で食べようかなぁ……

久々に実店舗でいただきましたがやっぱり美味しかったです。ごちそうさまでした。

店名 ナーガカリー
ジャンル スパイスカレー
住所 大阪市北区天神橋4-12-9
電話番号 070-5452-0266
交通手段 JR大阪環状線・天満駅より徒歩約2分
営業時間 11:30~14:30
定休日 不定休
サイト Facebook/Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。
一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-