全席で夜景が楽しめる日本料理店@天満橋「樂待庵」

infoこの記事は2015年11月1日に書いたものです。
現在とは紹介させていただいている内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

樂待庵

夜景の素晴らしい日本料理店があるので食べに行ってみませんか? とお誘いを頂いて、ほいほいとお伺い。
場所は、天満橋のOMMビル。その最上階の21階がお店の入り口になっていて、客席はその上。

樂待庵

全席、大きなガラス窓で大坂の風景が楽しめるいわゆるスカイレストラン。

この日は大阪城が望める「玄武」の間で、11月の懐石料理を頂いてきました。

Sponsored Link

霜月懐石 (¥7,500)

たこシャンたこシャン

乾杯は大阪らしく、大阪産(おおさかもん)のスパークリングワイン「たこシャン」。大阪府柏原市にあるカタシモワイナリーの「たこ焼きにあうシャンパン」として造られたいかにも大阪らしいワイン
大阪はデラウェア種の生産が日本一だそうで、そのデラウェア種を100%使用。カジュアルに飲んでもらえるようにとコルク栓ではなくビールの様な王冠栓。ラベルのデザインはたこ焼きと爪楊枝をイメージしていて、グリコのロゴのデザインも手がけた奥村昭夫さんがデザインしています。
タコパにたこシャンというイメージでなかなか最初から面白い乾杯になりました。ちなみにお味ですが、辛口で果実の風味がしっかりと出たなんとも味のあるスパークリングワインですよ。

先付け 蟹甲羅盛り

蟹甲羅盛り

先付けはずわいガニ。胡瓜、ワカメと定番の添え物に、生姜酢をゼリー掛けにした一品。蟹味噌はクリームにして食べやすくしています。さっぱりとした味わいで料理のスタートとしては上々。

吸い物 海老真丈 焼き鮑茸

吸い物 海老真丈

吸い物は真丈。菊花を散らして全体的に黄色い椀物。黄身豆腐の甘味と真丈のしっかりとした弾力がなかなか素敵。
紅葉をかたどった人参や銀杏丸十も季節が感じられて良いですね。

造り

造り

お造りは紅葉鯛、鰤、牡丹海老、生鮭のスモーク。あしらいの他にちょこんと乗っているダイス状のものは菊花ゼリーとのこと。

梅酒 十八番

旬のお魚を味わっていると、ついついお酒が飲みたくなってしまいます。

お造りに合わせて、大好きな梅酒をオーダー。銘柄はお任せしたら出していただいたのが、紅乙女酒造の「十八番(おはこ)」という梅酒。胡麻焼酎に梅を漬け込んだどっしりとした旨味のある梅酒。最初、水割りにしたのですが、お湯割りに変更。物凄く美味しくて、これはリピート必至。

八寸

八寸
八寸

秋の装いが美しい八寸。小松菜と薄揚げの煮浸し、鱈の白子んは生姜酢のゼリーをかけて、ミニアスパラとブナシメジはチーズ味噌で和えています。炙り秋刀魚の小袖寿司や柿に見立てた柿鶉玉子味噌漬けや紅葉をかたどったゼリー、松葉に見立てたパスタなど目にも舌にも秋を味わうことができます。

既に日本酒に移っている同行者たちには鯛昆布締め唐墨巻きが一番好評でしたが、個人的には甘薯チーズカステラが穏やかな甘味で好みでした。

焼き物 甘鯛風干し 鱗煎餅

焼き物 甘鯛風干し
じゃがいも焼酎 清里

焼き物は甘鯛。風干しにした風味のしっかりした甘鯛と皮ぎしをパリパリに揚げた鱗煎餅と共に。

これに合わせるのが北海道のじゃがいも焼酎「清里<樽>」。度数25度の普段なら飲まない焼酎ですが、皆が「めっちゃくちゃ美味い。ウィスキーみたい。」というので、一口頂くことに。
うわぁ、これは凄い。グンっとくる強さと、確かにジャガイモのような土の雰囲気のする荒々しい味わいの焼酎。

この焼酎に甘鯛の焼き物が本当に合います。ほろりと口の中でほどける甘鯛の旨味に、ガッツリと堅い焼酎の強さ。美味いです。

鱗煎餅は思った以上にパリパリとして不思議な食感。同行者の女性「これ、酒のつまみに持って帰りたい」。確かに。

蒸し物 糸より湯葉蒸し

糸より湯葉蒸し

蒸し物は大きめの器で湯葉蒸し。菊花を散らして、糸より、煮穴子、海老を柔らかな湯葉で包んで蟹と青さ海苔の餡かけで頂きます。

ワサビが良いアクセントになっていて、和の出汁が味わえる蒸し物になっています。

釜炊きご飯釜炊きご飯

ご飯物は豪快に釜炊きの炊き込みご飯。旬の秋鮭の炊き込みご飯にたっぷりのイクラを散らしています。
もちろん釜炊きなのでお焦げもバッチリ。
合わせ味噌仕立てのお味噌汁と香の物でお腹いっぱい。

デザート

デザート

最後にデザートを頂いて締めくくり。

全体的に格式張り過ぎず、カジュアル過ぎずバランスの良い懐石という印象。椀物と吸い物が同じような色合いなので個人的には少し不満なのですが、11月で晩秋となるとどうしても黄色や赤になっちゃうんでしょうね。

中之島

料理も素敵ですが、ここはやっぱり夜景がたっぷり楽しめるのが魅力です。大阪城も良いですが、個人的には北側の中之島方面の夜景がお薦め。これからクリスマスシーズンになると、例年通り中之島の橋はそれぞれライトアップされますし特に美しい夜景が見られることと思います。
ゆったりと懐石料理を楽しみながら夜景を眺める。学生さんから20代くらいのちょいと背伸びしたデートコースに良いんじゃないでしょうか?

素敵な夜景と美味しい料理、ごちそうさまでした。

店名 樂待庵
ジャンル 日本料理
住所 大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル21F
電話番号 (06)6910-3003
交通手段 地下鉄谷町線・天満橋駅直結
京阪電鉄・天満橋駅より徒歩2分
営業時間 11:30~15:30(LO.14:30)
17:30~22:30(LO.21:00)
定休日 無休
サイト 店舗ホームページ /

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。
一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-