長屋改装の隠れ家居酒屋、和も伊も@北区「本庄レトロ・燈」

infoこの記事は2015年12月31日に書いたものです。
現在とは紹介させていただいている内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

本庄レトロ・燈

今年最後の「呑み」は以前からチェックしていた隠れ家居酒屋で。
最寄り駅は中崎町になります。中崎町と言えば、カフェや雑貨店も多く賑わっていますが、今回のお店はそんなエリアから少しだけ外れた正に隠れ家です。

日本酒とランプ

お店は築100年の長屋をリノベーションした和風の造り。中崎町にはこういうタイプのお店多いですよね。夜になると、「おでん」の提灯の灯りが良い雰囲気を醸し出しています。
見た目は純和風ですが、日本酒や焼酎だけでなくワインやカクテルもしっかりと用意されていて、アテもなかなか多種多彩。この日は、子どもも連れていたのでお酒も入る晩ご飯のつもりで気持ちよく食べさせていただきました。
と、いうことで特に気に入った料理をご紹介。

Sponsored Link

いろいろ野菜のピクルス (¥380)

ピクルス

一人呑みの時には必ずといって頼むピクルス。家族呑みなので遠慮無くオーダー

定番のパプリカもそうですが、酸味はそこそこあって漬かっているなぁという感じなのに、ほどよい固さが残っていてフレッシュなピクルス。ピンクペッパーなどのスパイスは抑えめな感じ。
サングリアを飲みながら摘まんでいたんですが、進む進む。

しめ鯖

しめ鯖

黒板(じゃなくて張り紙でしたが)メニューからしめ鯖を。
こちらも妻子は食べないので、私だけが堪能。焼き目の香ばしさと酸味のバランスが素晴らしく、口にするとホロッとほどけます。弾力がありすぎず、これもお酒が進む味。
これには日本酒だなぁ……

ポルペッティのトマト煮込み  (¥680)

ポルペンティのトマトソース煮込み

これは娘が大喜びした一皿。ミートボールをトマトソースでしっかりと味付けしチーズをのせて焼きあげています。
子どもウケする味なのは当然ですが、添えられたバゲットでトマトソースをつけると、幸せな気分に浸れます。

あじフライ

あじフライ

肉厚でふんわりと揚がったあじフライ。酒飲みじゃなくても、このアテはいいですよねぇ。
レモンをギュッと絞ってそのままかじり付いても、特製のソース(なんだかたこ焼きソースのような甘味の強いソースでした)をちょっとつけても良い感じ。これも日本酒かなぁ……

宮崎産もち豚のグリル (¥1,280)

もち豚のグリル

肉好きの息子がオーダー。250gとなかなかのボリュームで、熱々の鉄板で提供されます。
興奮して写真ぶれちゃってますが、これ、イイですっ!

甘めのガーリックオニオンソースといった感じで、粒マスタードの甘味が物凄く良い味を出しています
妻子とも粒マスタードはあまり好きじゃ無いんですが、これはこの粒マスタードがあってこその味付けだと思います。あっという間に食べ尽くしてしまいましたが、妻が一言。

「ご飯が欲しい!」

完全に同意。これは白いご飯と一緒にかっ込みたくなるおかずです。

パスタ (¥1,000~)

パスタ

パスタは基本のソース(オイルベース、トマトベース、クリームベース、和風ベース)や好みを伝えて付くって頂く仕組み。

「和風で」とだけお伝えしたら、和風なのに海鮮パスタを提供してくださいました。あさり、タコ、帆立、海老に牡蠣まで入っている豪華な一皿。和風ブイヤベースといった味わいのパスタになっていますが、個人的にはほっこりとした食感の蓮根が海鮮の強さに傾きがちなバランスを整えているという絶妙な味のパスタでした。

おでん

1つ100円のおでんなど、和洋バランスの良いアテがあるので、これは「チョイ呑み」に使いたくなるお店
料理それぞれの味付けも振り幅があって、まだまだシェフの懐の深さがありそうです。
これは間違いなく再訪します。

あ、シェフ。お願いします。ご飯ものも欲しいです。アテが美味しすぎます。

ミックスピザポテトサラダ蓮根バター揚げ春巻き
店名 本庄レトロ・燈(あかり)
ジャンル 居酒屋、バル
住所 大阪市北区本庄西1-13-1
電話番号 (06)6131-5577
交通手段 地下鉄谷町線・中崎町駅より徒歩6分
営業時間 17:00~0:00(LO.23:00)
定休日 年中無休
※年末年始は休業日設定。新年明けは1/6から
サイト 店舗ホームページ /

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-