梅田「ENTRATA ナビオ店」窯焼きピッツァと……

infoこの記事は2014年11月14日に書いたものです。
現在とは紹介させていただいている内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

店舗ロゴ

この日は忘年会の打ち合わせで、ナビオ阪急メンズ館(観覧車のない方ね)へ。
7,8階にシネコンがあるので、6,7階はレストランフロアなんやけど、なかなか足を運ぶ機会がないよなぁ……と、いうことで初訪問のお店。ピッツァ&ワインバール ENTRATA(エントラータ) ナビオ店です。

あ、料理ばっかり撮って、店舗の写真が全然無い……あかんやん。>ウチ


箕面ビールなみなみスパークリング

待ち合わせ時間より前に集まったメンバーでカンパーイ。
エントラータさんのドリンクのまずのお薦めは、なみなみスパークリング(赤・白各600円)と箕面ビール。この日は、紅茶の香りがする箕面ビールが用意されていたので、そちらをチョイス。
なみなみスパークリングはグラスに日本酒かいっ! ってほど、本当になみなみついでくださいます。箕面ビールはグラスもちゃんと猿が描かれていて楽しいですねぇ。

と、いうことで、この日は打ち合わせもしながら、ワイワイとメンバーでたっぷり飲み食いしちゃってます。

Sponsored Link

前菜7種の盛り合わせ (¥1,000)

前菜7種の盛り合わせ

やっぱり、まずはサクッとつまめるものを頼むのが一番。キノコのマリネは酸味も穏やかで万人受けする味。
生ハムや豚トロの燻製があるのは「肉部」としては嬉しいなぁ。

せっかく、ピッツァ窯のあるお店なので、ピッツァを中心にオーダー

安納芋とゴルゴンゾーラのピッツァ

安納芋とゴルゴンゾーラのピッツァ

レギュラーメニューではないお薦めからチョイス。
蜂蜜がかかったデザート系のピッツァですが、ゴルゴンゾーラのクセと安納芋のねっとりとした甘みの対比が素敵。
デザート系とは言いつつも甘すぎず、食事の前半に食べるのも良いんじゃないでしょうか?

ビスマルク (M¥1,100、L¥1,300)

ビスマルク

ルックスはこれが一番ですね。ビスマルクは生ハム・半熟卵・モッツァレラのピッツァ。
半熟卵をつついて、生ハムに絡めると……うんうん、間違いない。生ハムの穏やかな塩気に半熟卵がとろっとまとって、食い出がありますね。
ピッツァは縁が比較的厚目の生地になっているので、中心部のとろっとした食感と、縁のモチッとした食感が同時に味わえます。

アボガドのピッツァ (M¥1,100、L¥1,300)

アボカドのピッツァ

アボガド・サーモン・モッツァレラが具材のトマトベースのピッツァ。アンチョビマヨネーズがかかっていますが、塩気は抑えめ。アボガドが多めで、トマトとの相性で食べさせるピッツァですね。アボガドが苦手な人にもあまり青臭さがなくて、クリーミーな感じが表に出ているので試しても良い気がします。もちろん、アボガド好きにはこのカラフルなルックスも含めてお薦め

季節のフルーツピッツァ (¥1,100)

季節のフルーツピッツァ

こちらは完全にデザートピッツァ。ヨーグルトベースのソースとたっぷりの果物、ミント、チーズはマスカルポーネを合わせています。
火を通しているので、果物それぞれの甘さが尖ったところも無く、食べやすく協調しています。
もちろん、ワインなどにも合いますし、ついつい手が伸びてしまうデザートです。

イベリコ豚とポルチーニ茸のラグー パッパルデッレ大山豚ロースのビステッカ

もちろん、ピッツァ以外にもパスタや肉、魚も揃っています。そうそう、こちらのお店。サービスで提供しているポップコーンが食べ放題なんです。お酒を飲みながら、口寂しくなったら、誰かがお皿をもってポップコーンマシーンへ。出来たてのポップコーンを摘まみながら、ついつい話が弾んでしまいます。

カウンター席や、パーティー用のスペースもありますし、なかなか使い出が良さそうなお店です。
たっぷり楽しませていただきました。ごちそうさまでした。

店名 ENTRATA(エントラータ) ナビオ店
ジャンル ピッツァ、バル
住所 大阪市北区角田町7-10 HEPナビオ 6F
電話番号 06-6314-3065
交通手段 阪急・梅田駅、地下鉄御堂筋線・梅田駅、谷町線・東梅田駅より徒歩約3分
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:00)
17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 不定休(ナビオ阪急に準ずる)
サイト ブログ

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-