文房具

1/2ページ

バレットジャーナルに使えるかも!? 日めくりカレンダーマステが和紙田大學から登場

“伝統×ゆるデザイン=ゆるディッショナル”を掲げる和紙プロダクト・ブランド「和紙田大學」。 私が仕事をしている大阪市天王寺区で、次期社長候補がいかにも大阪らしい取り組みで、和紙の面白さを発信し続けており、以前、区の広報紙でも取り上げさせてもらったことがあります。 その和紙田大學さんが、今回クラウドファンディングサイトMakuakeで日めくりカレンダーをマステにした「全ての柄が違うマスキングテープ」 […]

「紙博2018 in Kyoto」が文具好きには神博だった

祇園祭の宵山に入った京都に行ってきました。河原町に着くと、浴衣姿の女性も見られて17日の山鉾巡行へと盛り上がっている感じがしますが…… 文具好きにはそれよりも大切なイベントが……6/9・10と東京で開催して大盛況だった「紙博」が京都市勧業館みやこめっせで開催(7/14・15)しているのです。 【「紙博 in 京都 vol.2」にお越しくださるみなさまへ】色鮮やかなイラスト、斬新でユニークなデザイン […]

そろそろいるんとちゃう? 手帳100冊書き比べで選ぼう「第6回・手帳100冊!書き比べ総選挙!」

さて、そろそろいるんとちゃう? 10月になると、各社から1月始まりの手帳が始まります。仕事なら4月始まりの方が使いやすいとはいえ、やっぱり新しい年の始まりに気持ちも新たに手帳に書き込むっていうのはなんとなく気持ちの良いものです。 各社特徴のある手帳を毎年販売しているんですが、なかなか自分の手に合った手帳をみつけるのは難しいもの。そんなあなたにお薦めしたいイベントが、今年も開催された日本手帖の会主催 […]

今年の夏はノート推し@阪急 文具の博覧会2017秋~自分らしいノート作り~

大阪で文具博と言えば、阪急百貨店。全く気がついていなかったのですが、8月17日から「阪急 文具の博覧会2017秋~自分らしいノート作り~」が始まっていました。 ん?? 秋? 開催場所はもちろん阪急百貨店9階の祝祭広場このスペース、イベントがある度に思いますが本当にいいスペースですね。 春は筆記具でしたが、今回のテーマはノート。ノートというとコクヨのキャンパスノートなんて人でも、十分楽しめる催しにな […]

レトロな紙と印刷が新しい@レトロ印刷JAM「紙マーケット」

豊崎にある印刷屋さんレトロ印刷JAMさんが開催した「紙マーケット」に行ってきました。 レトロ印刷JAMさんは以前は自宅からすぐ近くのところで営業されていて、仕事外のプライベートの名刺、いわゆる二つ目の名刺をここで作ろうとおも思ったことがあるくらい(結果的にメシコレさんに名刺を頂いたので作っていませんが……)の「気になる印刷屋」さんでした。 この「紙マーケット」は今回で3回目。印刷には使えないけど、 […]

雨の日でも手元に桜が咲く「一枚ずつめくれるマスキングテープ さくらの花びら」

もう少しで満開やなぁ……と思っていたら雨降るんだもんなぁ…… 先週の週末は「天気はいいけど、まだこれから」、週の半ばに仕事を休んで回ってみたら「もう少し」な感じでしたが、一番ベストと思った今日は雨。自然とは、本当に思い通りにはならないものです。 ちょっとがっかりな週末ですが、今年は雨の日でも桜を楽しめるアイテムが…… 今までに無かった色が異なるマステシール このマステの情報を得たのは2月。もう、す […]

阪急 文具の博覧会2017春「色で気分を変える筆記具」

阪急百貨店定番の春の催しが今年も始まっています。 文具の博覧会2017春「色で気分を変える筆記具」週末朝イチで行ってきました! 色とりどりで筆記具展示 今回の展示のメインは筆記具。ペン類を中心に、ペンの種類ではなく色ごとにまとめた展示です。 赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫と6色のカラーに合わせて、各社のペンをまとめて見て、試すことができるようになっています。フリクションやジェットストリーム、サラサ […]

こだわりがたどり着く場所は多彩で面白い「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」

11月も中旬となると、文具店は来年のカレンダーと様々な手帳が溢れます。 普段のスケジュール管理はかなり前からGoogleカレンダーに公私ともに完全に移行しているんですが、紙の手帳だからの良さもやっぱりあって、この時期になるとついつい目移りして困ります。 そんな中、日本手帖の会が主催する恒例の「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」が神戸・三宮のナガサワ文具センター本店で開催されました。私自身の手帳は […]

  • 2016.04.03

闘うための文房具

地方公務員の事務職が面白いなぁと思うのは、辞令一つで今までの仕事とはまったく違う分野についてしまうこと。民間企業でも異動で営業から総務といったことはあるのでしょうが、公務員の場合、例えば区役所の窓口で戸籍の審査をやっていた人が、港湾局に異動になって船に乗ってたとか、他の自治体に派遣になって文化財の保護の担当になったとかいう「まるっきり仕事違うやん!」なんてことがゴロゴロしています。 そんなわけで、 […]