生活保護索引カバー

生活保護通知・通達総索引2021 CW・SVの懐刀、今年もお届けします

生活保護索引カバー

 厚生労働省は10日、8月の生活保護申請は1万9202件で、前年同月と比べ10.0%増えたと発表した。8月は新型コロナウイルスの感染が急拡大したため、雇用悪化の影響を受けたとみられる。比較可能な2013年4月以降で3番目の伸び率となった。前年同月からの増加は4カ月連続。

(引用:共同通信 ‘21.11.10 11:22配信「生活保護申請、10%増 8月、新型コロナ影響か」)

昨年も同じような新聞記事を引用しましたが、緊急事態宣言は明けたとはいえ、まだまだ厳しい状況が続いています。

生活保護現場では、被保護者宅への家庭訪問がほぼできず、相談・援助やも難しい対応をしいられていたとお聞きしています。そんな中でも“最後のセーフティネット”を支える現場として、日々の奮闘されているケースワーカーの皆さんを強く応援したいと思います。

毎年更新している『生活保護通知・通達総索引』の2021年度版が完成しました。
福祉の最前線で働くケースワーカーや査察指導員の懐刀として備えていただきたく、ご紹介します。

生活保護通知・通達総索引とは?

索引見本

「生活保護通知・通達総索引」は、生活保護手帳、別冊問答集をはじめとする生活保護に携わるケースワーカーらが参照する各種資料に掲載されている通知や通達、疑義問答を横断的に検索できる索引です。

2003年の初公開時より18年、北は北海道、南は沖縄まで全国のケースワーカーに利用いただいています。

収録した通知等は5,000超、見出し(キーワード)は1,000超。膨大な資料のありかを誰でも簡単に調べることができます。

今年度の更新資料

生活保護手帳 2021年度版

わが国の社会保障制度、最後のセーフティネットである生活保護制度。生活保護行政の運営・実施に必要な「保護の基準」、「保護の実施要領」、「医療扶助」等、実務に欠かせない重要な告示・通知をわかりやすく編集した一冊。

(引用:中央法規出版ホームページ)

、査察指導員にとって必携の一冊。

これを読めば全てが分かります。でも、どこを読めば良いかすぐに分かります??

「保護の実施要領」等の規定を補完する事務連絡として、厚生労働省が発出した「生活保護問答集について」を収録。事務連絡で示された疑義回答を基に、関係法令の参照条文及び通知等への参照リンクを適宜挿入。『生活保護手帳』とあわせて利用したい関係者必携の実務書。
生活保護手帳にあわせて具体的な事例対応を書いた一冊。
新しい問答はあまりありませんが、ケースワーカーなら必ず確認しなきゃいけない冊子です。

生活保護法、保護の基準等の重要法令規範はもちろん、保護の実施要領、医療扶助・介護扶助の実施要領等の広範にわたる関係通知を網羅した法規集。本年版では、保護基準の改定をはじめとする法令・通知の改正に加え、制度運用に関わる新型コロナ関連の通知・事務連絡も収載。

(引用:中央法規出版ホームページ)

生活保護手帳と重複して掲載されているものもありますが、厚生労働省等から発出された通知や事務連絡をそのまま掲載しています。
今年はコロナ関連の通知が多く収録されています。
東京都福祉保健局生活福祉部保護課が作成した疑義問答集。
最新の更新部分を見させていただく機会があったので、新設された問答を追加し索引を更新しました。

この索引の入手方法

この索引は生活保護に関係する相談支援業務の実務者のために公開しています。

この索引を使うことで過去の膨大な通知・通達や先例を探すことに忙殺されるのではなく、正しい知識を手に入れてより良いケースワークに活かしていただくのが私の望みです。

生活保護を受給中の方や記者から配布希望をいただくこともありますが、配布する趣旨・目的と合わないので配布する予定はありません
ご容赦ください。