鶏清湯ラーメン

【7/26新店】輪島の塩と醤油で魅せるラーメン@深江橋「麺匠 輪」

店頭写真

以前、自宅近くの天神橋筋六丁目でお店をやっていた友人が、改めて深江橋でラーメン店を再オープンするという連絡をいただきました。

店主の出身地である石川県輪島市のいわし醤油「よしる」や石川の食材と塩、醤油を使ったラーメンは変わらず、久しぶりに元気な姿を見たくなって、開店前に行ってきました。

鶏 清湯ラーメン+味玉 (¥750+¥100)

鶏清湯ラーメン

ラーメンの種類は白湯ラーメン(¥800)と清湯ラーメン(¥750)。それぞれ塩か醤油を選ぶことができます。

こちらの売りはやはり石川県の塩と醤油。
塩は石川県珠洲市(すずし)の塩田で昔ながらの「揚げ浜式製塩法」で作られた大谷塩。
醤油は石川県輪島市の谷川醸造サクラ醤油を使用しています。

個人的に好きなのはこのサクラ醤油のうま味の強いスープ。醤油は甘口、こいくちに加えて、いわし醤油の「よしる」も使用しています。
煮干しベースなんですが、ほのかに香る鶏油、刻んだ生タマネギ、ほのかな柚子皮のバランスが良く、穏やかな味わいの醤油ラーメンに仕上がっています。

麺はツルミ製麺所製のタピオカを配合したもちっとした中太のちぢれ麺。食べがいのある弾力のある食感に、しっかりとスープが絡む大好きなタイプの麺です。

チャーシューは白湯は豚肩ロース、清湯は豚バラと変えているとのことで、鶏胸肉のチャーシューとともにこちらもイイ感じ。

炊き込みチャーハン (¥150)

炊き込みチャーハンラーメン店で忘れてはいけないサイドメニューのご飯物は定番のチャーハンが「炊き込みチャーハン」として提供

パラパラというよりはしっとりとした食感の食べやすい味のチャーハンです。
これ、150円は安くないか??


ランチタイムはラーメンとご飯物を中心に提供していますが、ディナータイムに一品物やお酒も提供して「ちょい飲み」にも対応します。

もちろん、

お酒

お酒は石川県のもの。酒のアテも8月以降は輪島の朝市で仕入れたものを提供したいとのこと。そちらも楽しみ。

ポテトチップス

塩サイダー

ラーメンと同じ塩を使ったポテトチップスと塩サイダーもいただきましたが、ラーメンだけではなく面白いお店になって行きそうです。

なかなか深江橋に行く機会はないのですが、また伺いたいです。ごちそうさまでした。いいお店になりますように。

店名 麺匠 輪(わ)
ジャンル
住所 大阪市東成区深江北1-1-24
電話番号 080-2545-3801
交通手段 大阪メトロ中央線・深江橋駅より徒歩2分
営業時間 11:00~14:30 / 17:30~22:00
定休日 不定休
サイト 食べログ

ad
鶏清湯ラーメン
最新情報をチェックしよう!