いつも手に触れるからお勧めしたい。天然木のストラップ「minimo」

割れたディスプレイでスマホを使っているのをよく見ます。スマホ本体の価格が高いので作動しているうちは、ということもあるでしょうが、スマホを落下させディスプレイを破損してしまう人は昔のガラケーと比べても多いように感じられます。

そんな落下事故の危険性を軽減するために使われるのがバンカーリング という製品。最近はデザインや色も選べるようになっており、指を通してスマホを支えることでうっかりの落下を防ぐことができます。
スマホスタンドの代わりにもなるバンカーリング 、大変便利なアイテムなのですが、装着するとどうしてもその部分が出っ張ってしまいます。iPhoneのカメラがちょっとちょっと出っ張っただけで嫌な私は、バンカーリングはちょっと……という感じ。
そこで、リングストラップを使っているんですが、ぜひお勧めしたいのがULYSSES「minimo」です。

世界にたった一つの「相棒」

「minimo」は、木製のリングストラップです。コンパクトカメラやスマホなど小型製品のストラップホールに通して使用します。

私は「minimo」に小指を通してスマホを支えています。スマホを片手で操作するとき、どうしても握るのが甘くなってスマホを落としそうになってヒヤッとすることもあるのですが、落下するのを「minimo」が防いでくれます。

「minimo」がいいなと思うのは、その素材が天然木であること。量販店などで販売されているリングストラップはプラスチック製や一部金属のものが多く、木製の「minimo」圧倒的にリングに通している指へのあたりが柔らかいのです。
もちろん、金属製のバンカーリングなどと比べても本体などを傷つけることはありません。

そして何より、天然木である一番の良いところは「木目が一つ一つ違って美しい」こと。木の種類もシュガーメイプル、サペリ、ウォールナットと3種用意されており、それぞれ違う風合いを持っています。
私は今回はウォールナット、胡桃の木を選んだのですが、木目がストライプ模様のように濃淡が美しく、なんとも「自分だけの相棒」のように愛着を覚えます。

リニューアルで本当にお勧めのストラップに

実は「minimo」を購入するのは今回が3回目。
ですが、今までご紹介もお勧めもしなかったのは、「紐が痛んだときに交換できない」という欠点があったこと。
木製のリング部分は全く痛んでいないどころか、使っていて自分の手になじんでいるのに紐が駄目になって買換えになるのをもったいなく思っていました。

今回は2年ほど使用していて、そろそろ紐が痛んできたので買い替えようと思ってULYSSESのサイトを覗いてみると、いつの間にかリニューアルされていました。国内生産になり、価格も2,000円近くと高くなってしてしまっていますが、うれしい改善が。

紐が傷んだときに2回まで無料交換! (送料は有料ですが)

しかも購入して1年以内に割れてしまったら無料で交換していただけるとのこと。
これで末永く相棒として使えそうです。

少し高いと思うかもしれませんが、いつも手に触れるものだからこそ愛せるものを使いたい。いいリングストラップですよ、本当にお勧め。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-