やまやの新形態、明太子の美味い焼き鳥居酒屋@北浜「博多焼鳥NICK」

大阪証券取引所の地下にチョイ呑みができるお店があるなんて知りませんでした。
地下鉄・京阪の北浜駅から直結しているので、この位置に飲食店街があるのは便利ですね。

この日お誘いいただいたのは、6月末にオープンしたばかりの居酒屋さん。あの明太子の「やまや」さんの新業態で、博多では主流の鶏皮や豚バラの焼き鳥を中心に提供されるようです。大阪駅のエキマルシェでやっているもつ鍋のお店も出してましたし、手広くやってはりますね。

さて、最初の一杯はビール……ではありません。個人的にはドリンクメニューを見て一番面白そうなものを選ぶワタクシ。
この日は「まさはるのシャリハイ」で。芋焼酎のチューハイなんですね。

Sponsored Link

博多のとり皮(¥120)

博多風の鶏皮串は初めてです。鶏皮を串にクルクルと巻いて、カリカリに焼いてあります。甘味がしっかりとした味で、九州の人に聞くと、一人10本は当たり前に頼むんだそう。
これは酒にあう味ですね。

牛もつ串煮込み(¥230[税抜き])

こちらもお店の名物の博多メニュー。
醤油ベースのあっさりとした出汁のもつ串。もつの臭みはなく、トロッとした感じ。これも食が進みそう。

糸島の豚バラ(¥200)

福岡のブランド豚の糸島豚。高品質な豚として地産地消で地元で愛されているとのこと。

柚子胡椒、一味をつけて、ガブリ。肉は堅めですが、脂が美味いです。脂に甘味があるので、個人的には大好き。

NICK特製レモンサワー 氷レモンパンチ(¥480[税抜き])

ビール、焼酎、ワイン、日本酒と揃っていますが、レモンサワーが素敵。
ミントが添えられたビターのレモンサワーも悪くないのですが、個人的にはこちらの「氷レモンパンチ」にハマりました。
たっぷりのカットレモン、1/4個ぐらいは入ってるじゃないでしょうかにたっぷりのレモン味の氷が入っているので、時間が経っても薄くならない……というか、時間が経つにつれて濃厚な味わいのレモンサワーになってきます。レモン味の氷は甘味がありシャーベットのような味でついついガジガジとかじってしまいます。

つくね(¥250)

つくね串は人数分オーダーしましたが、一串分ずつ卵黄を添えてありました。
おぅ、卵が美しいわ。形を無理に整えていないので、ふわっとした食感のつくね。全体的に甘味が強いタレで焼いているので、卵黄を付けてさらにマイルドな感じでいただけます。

ほかほか明太子ポテサラ(¥650)


やまやなので、やはり明太子を使用した物を食べて見たいところ。
一番面白かったのはポテトサラダ。丸ごとふかしたじゃが芋を店員さんが目の前で明太子やベーコンと和えてくださいます。

出来上がったポテトサラダは明太子の塩気と辛味がちょうど良く、やはり明太子の美味しさが際立っています。これはちょっとお得な感じです。そうそう、ニンニクの風味の効いたバジルソースも付けられていますので、これもちょっとかけるとまた違った雰囲気のポテサラになります。

鶏の唐揚げ明太子風味(¥520[税抜き])

鶏の唐揚げの衣に明太子をまぶした一品。
明太子自身の辛味はあまりなく、甘さの中に明太子の香りがほのかに香るといった感じの味わい。

だし巻き明太(¥580)

だし巻き卵の中に明太子を閉じ込めた一品。明太子は熱が加わりすぎず、半生よりも少しだけ熱が加わった感じ。だし巻きは少し甘めで、明太子との対比でいい感じ。

博多の炙り明太(¥660)

明太子というと、生もいいけど、これくらいの炙り加減で食べるのが一番やと思っています。パスタなどのように原型がなくなるとイヤなんですよねぇ。
酢橘が付いていますが、明太子自身がしっかりとしたものなので、これはご飯が……白ご飯ないのか……

おにぎり(明太)(¥300)

お茶漬けよりはということでおにぎりをオーダー。もちろん中にも明太子がしっかりと入っています。シンプルですが、おにぎり食べるとホッとしますね。

オープンして一ヶ月ほどで、ちょっとホールの店員さんの目配りがまだまだ足りないかなぁと感じましたが、価格も内容も、気軽に利用できるお店という印象です。
やまやの明太子を軸に、福岡、九州の食材を使用していますので、その辺りの特徴が出てくるともっといいお店になるんじゃないでしょうか。

ごちそうさまでした。

店名 博多焼鳥NICK 北浜店
ジャンル 焼き鳥、居酒屋
住所 大阪市中央区北浜1-8-16 B1
電話番号 06-6226-0880
交通手段 京阪・北浜駅より徒歩2分
地下鉄堺筋線・北浜駅より徒歩3分
営業時間 11:00~14:00/17:00~23:00
定休日 日曜日、祝日
サイト 食べログ