天王寺区広報紙5月号「興國高等学校 生徒会・ボランティア部」

天王寺区広報紙5月号を本日発行しました。

今月号の表紙は、取材先である興國高校のダンス部のメンバーに協力していただいて、「僕らが支える」と決意していただきました。
今月号からデザインを担当してくださる方が変わりましたが、変わらず天王寺区らしい面白い表紙になったんじゃないかと思っています

Sponsored Link

興國高等学校 生徒会・ボランティア部

今回のクローズアップ天王寺は「興國高等学校 生徒会・ボランティア部」を1月号に続いて学校シリーズの第2弾ということで取り上げさせていただきました。

ボランティア部という部活動がある学校があるってこと、実は私、知りませんでした。調べてみると、結構な高校にボランティア部があるんですね。
今回は図書室でミニ座談会ということで、生徒会とボランティア部の方に話して頂きましたが、私自身が学生だった頃、こんなに立派やったかなぁと思えるほど、学生さんたちの真っ直ぐな言葉に驚きました

……阪神・淡路大震災の時に母親が10代という言葉を聞いて、愕然としましたが。

最終面にイベントカレンダーを

4月号に年間イベントカレンダーを掲載しましたが、その月、その月のイベントをもう少し分かりやすく見つけやすいようにしたくて、今月号から最終面にイベントカレンダーを掲載することにしました。
主に6・7面に掲載したイベントを一覧にして「この日なら、このイベント行けるよなぁ」と思ってもらえたらいいですね。

GWは天王寺区へどうぞ

広報紙の編集はどうしても早め早めになるので、ゴールデンウィーク中のイベントを紹介できません。
ゴールデンウィーク中の情報を少しだけ。

まずは、天王寺公園のてんしば。「てんしば春あそび」ということで、ボールプールや子どもが乗れる新幹線など、開放的な空間で楽しく遊ぶことができますよ。
また、大人向けには天王寺公園を舞台にした参加型謎解きイベント「消えた六文銭の謎」もやっています。

天王寺動物園はゴールデンウィーク中は全日開園しています。また、天王寺公園の北側にある大阪五低山の一つ、茶臼山には山頂碑が設置され、登頂証明書(100円)も発行されますので、大阪五低山巡りも楽しいかもしれないですね。

みなさん、素敵なゴールデンウィークを。

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-