Utatane.Asia

帰ってきたヒゲボーズ、和風ダシカレーのNo.1@中崎町「Zipangu Curry Cafe` 和風カレーHiGE BozZ」

time 2017/03/18

豊崎のうどんの名店「情熱うどん讃州」さんからスピンアウトして2015年3月から東三国で間借り営業していた「和風カレー HIGEBOZZ」さん。
一旦、間借り営業終了後は「情熱うどん讃州 新大阪店」でカレーを提供していましたが、この度、中崎町に店舗を構え、本日堂々と復活の狼煙をあげました。

なんと言っても、こちらの売りは「欧風+和ダシ」という、やっぱり発想がカレーうどんっぽいところ。間借り営業を終了した後も、第1回のカレーEXPOでは数ある名店を抑え、一番人気だったところで復活を待ち望むカレオタの皆さまが初日からランチに押し寄せたそう。

私は、ピークタイムを避けて夕方にちょっと寄らせて頂きました。

sponsored link

Torosuji (¥990)

以前の東三国での営業時やカレーEXPOの催事出店と違って、トッピングメニューなどがかなり充実していて悩んだんですが、今回はトッピング等を加えないレギュラーメニューの中から、「Torosuji」をチョイス。

鹿児島県産の黒毛和牛のすじ肉をじっくり煮込んで自慢のカレールーと合わせたカレー……牛すじかなりサービスしてない? 見た目はシンプルですが、かなりルックスの良いカレーです。かつお節がのっているのも、HigeBozZさんらしいですね。

さっそく頂いてみます……そうそう、これですよ、これ。ダシのしっかりとでた甘味のあるカレールー、スパイスの強さよりもとにかく旨味の強いカレーです。大阪のカレーは最近はスパイス感の強いものが多いだけに、間違いなく万人受けするほどよい辛みと強い旨味、そして以前と比べてもブラッシュアップされた盛り付けと本当に隙の無い「売れる」カレーに仕上がっています。

ちなみにメニューはこんな感じ。
欧風カレーとしてはド定番で人気の焼きチーズカレーが¥790という価格設定も魅力ですが、カスタマイズカレーが面白そうでたまらないですね。インスタ受けしそうなカレーが作れそうです。

讃州さんのチャーシューを使った温玉チャーシュー「Aburi」や、野菜たっぷりの「Vegetable」も人気がでそうです。これは、息子、娘ともども連れて行っても楽しめそう。

夜はお酒を楽しんで、〆にカレーといったカレーBar的な営業とのこと。楽しみなお店になりそうです。
ごちそうさまでした!

店名 Zipangu Curry Cafe` 和風カレーHiGE BozZ
ジャンル カレー/バー
住所 大阪市北区中崎西3-3-4
電話番号 080-3788-5693
交通手段 阪急・梅田駅より徒歩約15分
地下鉄谷町線・中崎町駅より徒歩7分
営業時間 [月・水~金]11:00~15:30(LO.15:00)/17:00~22:30(LO.22:00)
[土]11:00~17:00(LO.16:30)/17:00~22:30(LO.22:00)
[日・祝]11:00~17:00(LO.16:30)/17:00~21:30(LO.21:00)
定休日 火曜日
サイト Facebook

sponsored link

down

コメントする




僕、ガジェッター?

走れ!公務員

pen Editor

GAR (があ)

GAR (があ)

"食の都"大阪の闘う(?)公務員
ダンボー推し、写真、観劇、文房具、ラーメン好き
見た目から生粋の大阪人とは誰にも信じてもらえない [詳細]