Utatane.Asia

日曜限定、実は間借りじゃない野菜と豆と果物の本格カレー@中崎町「ナブサリカレー」

time 2017/03/12 sync 2017/03/18

ここ1年ほど新規オープンが多いように思える天五中崎町商店街。昨年10月にオープンした「オカズtoステーキ」もその一つ。
商店街を通るときは大概が、どこかで呑んだ帰りだったりするので、「なんか良い雰囲気のお店が出来ているなぁ。でも今から肉バルでステーキなんて喰えないなぁ」と思いながら通り過ぎていました。

つい最近、お店の前を通った時に、カレーの良い匂いがして店頭の看板を見ると、カレーラーメンと書かれているのを発見。それならランチにでも行ってみようと本日突撃……あれ? 看板が違う。「ナブサリカレー」?? 日曜日は間借り営業なのかな。
気になったので食後に聞いて見ると、「日曜日だけ野菜中心のカレーで趣味に近い感じでやってます。ま、平日は店長なんですけどね。」と。なんと、日曜日がスペシャル営業なんですね……って、それは「間借り」やないやん。。と、言うことで日曜日限定、その日限りのカレープレート楽しんできました。

sponsored link

カレープレート(¥980)

おぉ、思った以上に本格的なカレープレート。ライスはバスマティライスにスパイス白米の2層で用意して、パパドも添えられています。
副菜も綺麗に盛り付けられていて良いですね。

この日のカレーは、「白ネギと焼き豆腐カレー」と、

>「マッシュルームとひよこ豆のカレー」。
提供時に「混ぜて食べてください」と言われながらも、やっぱり最初はそれぞれの味を確かめたいですよね。
で、マッシュルームから頂くと……ん? 甘い? グリーンカレーのような強い辛みを想像していただけに、ひよこ豆のほろり崩れる感じとマッシュルームの食感が優しいじんわりとした辛みのカレー
一方で、白ネギと焼き豆腐はというと、こちらもスパイスの辛みは強すぎず、豆腐の味わいを活かしたカレーというところ。野菜カレーっぽい、スパイス先行でない調和の取れたカレーですね。

副菜も「パプリカのアチャール(ピクルスのようなもの)」、「ニンジンとレンコンのサブジ(炒め蒸し)」に「ロマネスコのチリサブジ」とバラエティにとんでおり、それぞれカレーの合間に摘まんでも美味しいです。あ、メニューに書いていない菜の花のハニーマスタードソース和えもかなり美味しかったです。

面白いのはこれ、「いちごの西インド煮込み」。これも「カレー」の扱いだそうで、食べると温かい苺ミルクのような味わい。常連さんが「全然攻めてへん」と笑いながら言って、店長さんは「じゃあ来週はスターフルーツでも」と返していました。
なるほど、果物も結構チャレンジするところなんや

と、一通り単品で味わったところで、全部混ぜ混ぜタイム。あ、個人的に混ぜ混ぜ後のお皿はあまり美しくないので写真を撮らないことが多いです。申し訳ない。
で、しっかり混ざったものをパクリっ。
おぉ、ええやん! 単体だと「ちょっと弱いかな」と思っていたそれぞれのカレーがアチャールや苺の煮込みの酸味、甘味で美味く繋がってイイ感じのスパイス感が前面に出てきます。これは一緒に食べた方が美味いわ。

肉カレーは別皿(+¥350)なのですが、気になったのでこちらもオーダーしてみました。ハラミ肉しっかりの肉カレーは、野菜のカレーとくらべて辛み強め、スパイス感も強め。ハラミ、美味いっ。
混ぜたプレートカレーにアクセントのように、肉カレーを混ぜると全体の存在感がさらにアップ。
おぉ、これは平日営業の肉を食べたくなる味だわ。

家に帰ってから調べてみたら、元々、天満でステーキ店「源兵衛」を運営する大衆肉食堂グループの新業態で、「混ぜておいしい料理」をコンセプトに、パリの肉鍋にインスパイアされたスパイス鍋や塊肉のステーキ、カレーなど平日もかなり面白そう。
平日ランチ堰堤のインディアンローストビーフ丼も気になるなぁ。

これは、また通ってみなければ。良いお店を見つけました。ごちそうさま~

店名 ナブサリカレー
ジャンル カレー
住所 大阪市北区黒崎町8-4「オカズtoステーキ」
電話番号 06-6136-3462
交通手段 地下鉄谷町線・中崎町駅より徒歩3分
営業時間 [日のみ]12:00~20:00
定休日 平日(平日は「オカズtoステーキ」として営業)
サイト 「オカズtoステーキ」Facebook

sponsored link

down

コメントする




僕、ガジェッター?

走れ!公務員

pen Editor

GAR (があ)

GAR (があ)

"食の都"大阪の闘う(?)公務員
ダンボー推し、写真、観劇、文房具、ラーメン好き
見た目から生粋の大阪人とは誰にも信じてもらえない [詳細]