Utatane.Asia

休日はマクロビオティックなランチで体をリフレッシュ@本庄西「Veggie Cafe & Catering misola」

time 2017/03/12

外食ランチが中心の人たちは私も含めてちょいと栄養が偏りがち
できる限り、野菜を食べるようにしたり工夫はしているつもりであっても限界があります。

そんなある日、あるイベントで知ったカフェが週末の金・土・日曜日だけでヴィーガン向けの野菜カフェをされている事を知りました。そこでさっそく、週末にそのお店に行ってみることに。

お店は自宅から近い本庄西のエリア。観光客などで賑わう中崎町のエリアからはちょっとはなれています。街中にポツンと緑色のまるでパン屋さんかと思うようなお洒落な雰囲気の佇まいのカフェが現れます。店頭ではお店で使用している野菜も販売していたり、月に一度ある豊崎じんじんにも出店されていることが書いてあってなんとなく良い感じ。

店内はも雰囲気があるなぁと思っていたら、元々は自動車修理工場だったところのリノベーションということで、クレーンがあったり当時の面影も残っています。

sponsored link

車麩の味噌カツ玄米丼ランチセット(¥1,200)

こちらのランチメニューは3種。4種類の野菜デリを味わうmisolaベジランチセット(¥880)も良いですが、ガッツリと食べたい人にはこちらがおすすめ。

マクロビオティックをベースに料理を提供しているので、お肉は使っていませんが、しっかりとボリュームがあって菜食主義でなくても、十分に満足できるものを提供されています。

車麩を使った味噌カツ丼。衣をつけてあげた車麩はチキンカツの代替品というには出来過ぎ。もちもちとした食味の玄米ご飯にたっぷりの野菜。これに車麩味噌カツが抜群に合います。
味噌汁も玉ねぎなどの野菜がたっぷりで、味噌よりも出汁がしっかりとでたもの。味の濃さよりも旨味が強く、しみじみと美味しく感じます。
副菜として添えられたのは和風ペペロンチーノと切干大根の酢の物。特に切干大根が美味しくて、作り方を教えて欲しいくらい。

ベジタブル&ビーンズカレー(¥980)

カフェでのランチと言えば定番のカレーもこんなにおしゃれ。

3種類の豆と野菜をコトコトと煮込んだ野菜が主役のカレー。スパイスはそれほど強くなく、家庭的な万人に好まれそうな穏やかな辛さのカレーです。

こちらにも副菜が2種、カレールーの上にたっぷりの野菜がトッピングされているので健康的。
やっぱり肉が欲しいなぁという方は+¥200で大豆ミートの唐揚げを追加でトッピングすることができます。

その大豆ミートの唐揚げはこちら。
この写真はトッピング用ではなく単品で注文した時のものですが、意外と食べ応えがあります。鶏の唐揚げと微妙に食感は異なりますが、少し柔らかめで鶏皮のようなしっかりとした弾力があります。青海苔とちょっとだけ塩をかけて頂きましたが美味しかったですよ。

この大豆ミート、大豆の油分を搾油して過熱加圧・高温乾燥させて作られているので、お肉と比べるとカロリーは1/2~1/4、コレステロールフリーの優れものです。

苺のカスタードクリームタルト(¥500)


デザートメニューも卵、乳製品、白砂糖不使用のスイーツばかり。甘味料はメープルシロップなどを使い、体に優しいものを提供しています。
卵を使っていないということもあって、ホロッと崩れるような生地でしたが、その優しさが良い感じ。
オーガニックのルイボスティーやソイチャイといったほっとドリンクに合わせてカフェ遣いもできそうです。

平日ランチとは違ったゆったりとしたランチタイムをご家族やお一人でも楽しんでみてはいかがでしょうか?

料理教室をやっていたり、ケータリングでお料理をお願いもできるとのことなので、機会があれば使ってみたいです。

店名 Veggie Cafe & Catering misola
ジャンル カフェ / ヴィーガン料理
住所 大阪市北区本庄西2丁目12-1 トランジション・ハウス1階 jin-jin cafe
電話番号 050-5316-9946
交通手段 地下鉄谷町線・中崎町駅より徒歩11分
営業時間 [Lunch]11:30~14:30
[Dinner]17:30~21:00(LO.20:00)
定休日 月~木曜日
サイト Facebook

sponsored link

down

コメントする




僕、ガジェッター?

趣味・興味

pen Editor

GAR (があ)

GAR (があ)

"食の都"大阪の闘う(?)公務員
ダンボー推し、写真、観劇、文房具、ラーメン好き
見た目から生粋の大阪人とは誰にも信じてもらえない [詳細]