二度漬けOKで大阪進出@梅田「J.S BURGERS CAFE梅田店」


12月16日にe-ma梅田にオープンした「J.S. BURGERS CAFE」。東京等で8店舗展開するいわゆるグルメバーガー系の関西初出店です。
e-ma梅田の地下1階の家具や洋服などを販売する「etc.journal standard」に併設する形のブックカフェならぬ雑貨バーガー店です。

関西初出店に大阪を選んだこともあって、梅田展限定のバーガーをやるとのことだったので、さっそく食べに行ってきました。

Sponsored Link

WEST SIDE DIP BURGER (R¥1,210/L¥1,460)

梅田店限定のメニューがこちら。

アメリカ西海岸発祥の“フレンチディップ・サンドイッチ”をモチーフに、関西名物“串カツ”へのオマージュを込めたバーガー

とのこと。チーズがしっかりととろけるバーガーに、オニオンリング、ピクルスと……謎のソースが。

ハンバーガーセットにはあまりないディップソースが用意されたウエストサイドディップバーガー。串かつオマージュということで、ディップソースは二度漬け禁止……じゃない二度漬けOKのソースです。

バーガーの具材は、これも串かつオマージュでしょうか紫キャベツ、フレッシュトマトがあって、ドンと乗っているのがパティに粗挽きのパン粉をまぶして揚げた串かつではなく揚げパティ。さらにジャックチーズ、ローストビーフにロースとオニオンがたっぷりと挟まれています。

パティは歯ごたえがしっかりとあり、ミンチカツよりも牛カツっぽい食感になっています。ローストビーフもあるので、肉肉しい強さはありますが、パティ自体は牛カツらしい薄めでサクッと食べさせます。ローストオニオンの甘みが意外と強く感じられます。

二度漬けOKのディップソースは、串かつやのソースよりもさらっとしたグレイビーソース。イカリのレトロソースを使用しているそうですが、個人的にはもっとガッツリと串かつに付けるウスターソースに近いものの方が良かったんじゃないかなぁと思います。

ハンバーガーとしてはかなり好き嫌いが分かれると思いますが、なかなかオリジナリティの高いバーガーだと思います。

J.S BURGER (R¥1,210/L¥1,460)

クセのあるバーガーだけだと、お店の真価が分からないので別の日に、お店のもう一つのトップメニュー、J.S.バーガーも食べに行ってみました。ちなみに写真はドリンクのセットで¥1,460

アボカドチーズレタスバーガーといった感じのバーガー。パンズはウエストサイドディップバーガーと同じ模様。チェダーチーズのとろけ具合がたまりませんが、味付けはかなりシンプル。パティも塩胡椒は抑えめで、グルメバーガーそのものを楽しませるといった具合でしょうか。

テーブルに小分けサイズのケチャップ、マスタードはありますが、ボトルで置いた方がいいんじゃないかなぁ。1,000円を超えるバーガーには、ファストフードのバーガーとは違う味を求めてくる方が多いと思うので、このパティとパンズのハンバーガーでは若干力が弱い気がします。もう少しシンプルな構成で安いバーガーがあれば別ですが、このJ.S.BUGER、ウエストサイドディップバーガーの¥1,210がお店のメニューの中で一番安いというのはどうなんやろ……強気すぎませんかね。アボカドのないチーズバーガーのようなメニューもあっても良いんじゃないでしょうか。

memoメシコレのハンバーガー担当のキュレーターふじじんさんより、グランドメニューにはシンプルなバーガーメニューが載せられているとの情報がありましたので、一部記事を削除します。
来訪時、グランドメニューを見つけられなかったのでないのかなと思っていました。ご指摘ありがとうございました。

雰囲気の良いお店なので、ゆったりと楽しんでいただくのが良いお店だと思います。グルメバーガー好きならば一度ご体験くださいませ。

店名 J.S. BURGERS CAFE 梅田店
ジャンル ハンバーガー
住所 大阪市北区梅田1-12-6 E-ma B1F
電話番号 (06)4796-6376
交通手段 地下鉄谷町線・東梅田駅より徒歩5分
営業時間 11:00~21:00(LO.20:30)
定休日 e-maに準ずる
サイト Facebook / ホームページ

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-