レトロな町でお気軽タイランチ@中崎町「busaba」

busaba

梅田、茶屋町の東側。中崎町は昔ながらのレトロな町並みで、最近とみに人気です。週末になれば、韓国からの旅行客も多く、若い人から老夫婦まで町歩きを楽しんでいます。

私自身近くに住んでいるので、週末にはふらっと出かけることもしばしばなんですが、気がつかないうちに雑貨店やカフェがオープンしているので本当に目が離せない注目の町です。

今回は、そんな中崎町に最近オープンしたランチタイムのみ営業のなかなか思い切りの良いタイ料理のお店をご紹介

店内の様子

昔ながらの長屋や古民家をリノベーションした店舗が多い中崎町の中では、比較的珍しいアパートの1階をそのまま使用したお店。前面ガラス窓で、店内は小綺麗なタイの食堂といった雰囲気です。
店員さんはタイ語で話しているので、雰囲気があります。
ランチメニューは日替わりの炒め物、カレーという辛みのしっかりしたもの、パッタイ(焼きビーフン)、カオマンガイ(タイ式チキンライス)などを提供しています。

Sponsored Link

タイ式チキンライス (¥972)

カオマンガイ

すっきりとした盛り付けの本格的なカオマンガイ。
丸鶏をしっかりと煮込んで、鶏のエキスをたっぷり抽出したスープで炊いた香り米の色が食欲をそそります。

鶏肉も皮のプルプルした感じがしっかりと残っていてなんとも魅力的です。

カオマンガイ

そのままでも生姜の香りが効いたご飯が美味しいのですが、添えられているソースを全部かけて頂きます。生姜やニンニク、唐辛子をつぶして混ぜたソースですが、辛みはそれほどでもなく、むしろ生姜の澄んだ辛みに後追いで唐辛子のピリッとした辛みが感じられる鶏にあったソースです。

スープ

もちろん、鶏出汁のスープも付いてきます。

炒め物(日替わり)とライス(¥972)

豚肉と唐辛子の炒め物

別の日に日替わりの炒め物ランチを。
この日は、豚肉と唐辛子の炒め物。

こちらもワンプレートにご飯と一緒に盛られます。「辛いのが好きな人は」とメニューに書いていますが、そこまでは辛くありません。ご飯に合うおかずといった感じ。

中崎町にふらっと本格的なタイのランチが楽しめるというのは嬉しいですね。また、伺います。ごちそーさま。

店名 busaba
ジャンル タイ料理
住所 大阪市北区中崎西4-1-8 中崎町WESTビル1F
電話番号 (06)6375-7757
交通手段 地下鉄谷町線・中崎町より徒歩7分
営業時間 11:30~15:00(LO.14:00)
定休日 月・火曜日
サイト 店舗ホームページ / 店舗facebook

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-