変態スパイスカレーがたまりません@阿倍野「堕天使かっきー」

memo「堕天使かっきー」さんは2017.3.20に閉店になりました。

堕天使かっきー

カレーマニアの友だちからは「があさんは絶対に行くべき」と何度も言われていたこちらのお店。
何度か探してはいたんですが、場所が分からなくて……
GWの中日にごうを煮やしたカレオタ・TAK氏、
「連れて行ったるから、来い!」

と、強引に連れて行かれたのでした。はい、少し脚色入ってますが、そんな感じで初のかっきーへ。

いわゆる「間借り営業」の「堕天使かっきー」さん。昼の営業は阿倍野区王子町にある「Bar Horizon」で営業されています。

堕天使かっきー メニュー

この日のメニューはお店の定番メニューの鯛出汁の鶏キーマ、そして5月限定のアサリとタケノコの塩カレー。ほぅ、面白そうですね~。
もちろん、こういう面白いメニューならあいがけするしかありません。
ついでに、気になった鶏せせりのトッピングをプラス。

Sponsored Link

鯛出汁×鶏キーマの二層カレー・アサリとたけのこの塩カレー(あいがけ)+鶏せせり塩焼きトッピング(¥1,000)

鯛出汁×鶏キーマの二層カレー・アサリとたけのこの塩カレー

噂には聞いていましたが、このビジュアル凄いですね。スープ感の強い鯛出汁に、土手を作るような鶏キーマ。
5月限定のアサリとタケノコの塩カレーも若布が入ってたりするのでスパイスカレーと聞いて思い浮かぶイメージとは結構かけ離れています。

ではでは、さっそく定番メニューの鯛出汁鶏キーマから……

鯛出汁×鶏キーマの二層カレー・アサリとたけのこの塩カレー

鯛出汁の旨味がもんっの凄いですね、本当に。スパイスの香りに全く負けずに前面に鯛の旨味があふれ出してきて、ウエットな鶏キーマとガッツリ絡んできます。
なるほど、これはちょっとスパイスカレーのイメージを変えてしまう変態なカレーですね。

さて、もう一つのアサリとタケノコの塩カレー。
こちらはまた特徴的なカレー。アサリの出汁がしっかりと効いたスープカレーという感じ。若布とタケノコで若竹煮のようなビジュアルですが、アサリ出汁を感じながらもしっかりとカレーという不思議な料理

もちろんしっかりとしたスパイス感はあるのですが、それよりもこういういわゆる和風のカレーとも、スパイスカレーとも単純に言いがたいボーダレスな変態な一皿でしっかりと美味いものがあるんですね。
なるほど、こら「食べてみい」というのも分かります。

癖になりそうなスパイス料理でした。月替わりの限定メニューで面白いのがあったらまた行ってみよう。
ごちそうさまでしたー。

堕天使かっきー
店名 堕天使かっきー
ジャンル スパイスカレー
住所 大阪市阿部野区王子町2-17ー32 BAR HORIZON
電話番号 非公開
交通手段 阪堺電気軌道上町線・東天下茶屋駅より徒歩約10分
営業時間 11:30~15:00(売り切れ次第終了)
定休日 日~火曜日
サイト facebook / Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。
一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-