滋賀県「日本料理しのはら」遠方からでも訪れたい日本料理の名店

infoこの記事は2015年3月23日に書いたものです。
現在とは紹介させていただいている内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

しのはら

食べ仲間から”大人の遠足”のお誘い。
週末にちょうど良い天気になったので、車を出してもらって滋賀県へ行って参りました。

しのはら

ワタクシ、なんたってゴールドペーパードライバー。既に15年くらいは車を運転していませんので、車で行かなきゃ行けない場所は基本的にノーチャンスなんです。そういう訳で、遠足の行き先も完全にお任せ。で、行こうとなったのが、滋賀県の「日本料理しのはら」さん。
私個人では絶対に行けないお店な上に、なんとまぁ食べログさんで滋賀県のレストラン2位の凄いお店でございます。

滋賀県だけではなく、本当に遠方からでも「食べに行きたい」と良く聞くお店。なんとかランチタイムに予約が取れて、”大人の遠足”の最初の目的地になりました。

お料理はお任せの会席料理。昼も夜も、4,500円、6,800円、11,000円、13,000円、20,000円、25,000円、30,000円、さらにはお値段を伝えてのお任せという予算に応じた設定で料理をお願いすることができます
この日は、最もリーズナブルな4,500円でお願いしてみました。

Sponsored Link

先付け 自家製玉子豆腐

自家製玉子豆腐

先付けでさっと出されたのが、この自家製の玉子豆腐。
低温調理された玉子豆腐は写真の通り、良く出来ただし巻き玉子のような濃厚な色。ウニもちょこんと乗ってあって贅沢です。
すっと口に馴染む出汁の美味しさにも驚きますが、なめらかで本当に美味い……です。
最初からこれで思いっきり掴まれた気分

お刺身

お刺身
イカ

お刺身は鮪の漬け、イカ、熟成されたヒラメに石鯛。
肉厚の石鯛の弾力に驚き、ヒラメの甘味に驚き、鮪の漬けの甘味にとろけます。

甘味の強めな土佐醤油がまたお刺身に良く合っていて、お酒が進みそうです。あ、同行者は結構飲んでましたが。

八寸

八寸

はみ出ていて蓋が閉まらないほどの二段重ねで提供されて……

八寸

開くと春が一杯です。

SONY DSC

はみ出ていた一段目には、ほうぼうの手毬寿司、富山湾内ホタルイカの燻製、ぬたの和え物、金山寺味噌が乗せられたふきのとうの天ぷら、わけぎ、あおりいか、フォアグラの寒天寄せ、飯蛸の甘煮、玉子のカステラしんじょうと食材が目一杯。

桜鯛

2段目には、これまたこの時期の季節らしい桜鯛を付け焼きにしたものにのびるの天ぷらが添えられています。

どれもこれもが滋味深くとんでもなく美味しいのですが、フォアグラの寒天寄せには特にびっくりさせられて同行者全員が一瞬言葉を失っていました。個人的にはふきのとうの天ぷらのほろ苦さや、ほうぼうの手毬寿司を食べた時の口の中でのシャリのほどけ具合、ホタルイカの燻製の風味にやられました。

椀物 帆立のしんじょ

椀物

椀物は帆立のしんじょ。鰹と昆布で濃いめに作られたこれぞ「出汁」だという旨味の塊に、しんじょを崩していくとその濃さがじんわりと効いてきます。生の木耳などを乗せているのですが、これも崩したしんじょと出汁と一緒に味わうと、なんだか味覚がどんどん研ぎ澄まされていく感覚になっていきます。

鯉の唐揚げ

鯉の唐揚げ

地の物を一つまぜましょうと大将が選んでくださった一皿。

滋賀県の鯉をからっと揚げて、鰻のタレに実山椒をぱらりと。鯉というと、骨が多いイメージがあるのですが、この唐揚げ、全く「骨感」がしません。実山椒のピリッとした辛味と、タレの甘味が絡んで美味しいのなんの

鯉の唐揚げ

さらに、「大根おろしを和えてみても良いですよ」と大将が出していただいた大根おろしと一緒に味合うと、これがまた先ほどとは全然違った味わい。さっぱりとした風味でこれまたイケます。

炊き合わせ

炊き合わせ

炊き合わせは季節物の筍に、蕗、長崎産のアサリ、鳴門産のワカメに帆立の飛竜頭。

大ぶりのアサリと合わさった出汁の旨味、筍の風味、ほっくりといた飛竜頭の温かさ。穏やかで美味しい日本料理の大事なところが全部集まったような一品。飛竜頭が本当に美味しい。

あおさとアサリの雑炊

あおさとアサリの雑炊

ご飯ものは雑炊を。たっぷりのあおさと柚子皮のさわやかな香り、これもまた美味しすぎる出汁の美味さが染み渡ります。
ご飯の粒が崩れていないこともあって、さらっとした口当たりで本当に食べやすくて……つい、お替わりをお願いしちゃいました。

苺のミルクブランマンジェ

苺のミルクブランマンジェ

デザートは春らしい苺のブランマンジェで。ミルクの香りがすっきりとしていて見事な〆になりました。

SONY DSC

今回は4人で訪れ、カウンター席をご用意いただいたのですが、向かい側が調理場になっており、大将や女将さんたちの声が聞こえ、調理場の真剣勝負が味わえて本当に大満足な会席になりました。
お店では板前の見習い、中習い受け入れておられるらしく、東京の寿司店での修行を終えた板前さんが自身でお店を出す前にと修行されている方もいらっしゃいました。
大将もカウンターに度々声を掛けに来て頂き、本当に目の行き届いた素敵な時間を過ごすことが出来ました。

値段以上の満足感。お料理だけではなくこういう満足感のあるお店はなかなかありません。遠方からでも来たくなるのはそういう所なんでしょうね。
本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。

しのはら ダンボー
店名 日本料理しのはら
ジャンル 日本料理
住所 滋賀県湖南市岩根字四反田2233-1
電話番号 0748-72-9323
交通手段 JR草津線・三雲駅より2km
※送迎可
営業時間 12:00~15:00 / 18:00~22:00
定休日 水曜日
サイト ホームページ

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。
一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-