福島「穴子家 NORESORE」再び穴子を堪能し尽くす

infoこの記事は2015年3月13日に書いたものです。
現在とは紹介させていただいている内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

穴子家 NORESORE

先日、さんで、美味しい穴子を頂いたことを書いたら、食べ仲間の一人から「福島にも、穴子がめっちゃ美味しいお店あるで。」と教えていただき、さっそく飲み会「誘ってくださいよ~(笑)の会」を設定していただきました。さすがキャプテン。

お店はJR福島駅の南側。昔は開かずの踏切があったんですが、阪神が地下に潜ってからこの辺りは魅力的な飲食店が本当にたくさんオープンしています。駅前の吉野家で10代の頃にバイトしていた頃から比べると隔世の感ですね。今、独身で一人暮らしするなら、間違いなく福島駅の北側の大淀エリアにしたいところ。

この日はお店の方にお薦めいただいて穴子のしゃぶしゃぶ鍋を中心にコースにしていただきました。料理は5,000円とのことですが、サービスしてないですか、これ? 基本、写真は5人分です。

Sponsored Link

穴子のラタトゥイユ

穴子のラタトゥイユ

付き出しからさっそく穴子。穴子の身を一口サイズに刻んで混ぜたラタトゥイユです。
最初から驚かせてくださいます。不思議と穴子が馴染みます。

前菜 穴子の骨せんべいと淡路島産野菜のサラダ

穴子の骨煎餅サラダ仕立て

彩りの良いサラダに、穴子の骨煎餅を小さく刻んで入れています。
骨煎餅というと塩味でバリバリと食べる印象しかなかったので、クルトンやオニオンチップのようにサラダに混ぜてみようと思ったのは面白いなぁ。

サイズが缶詰のコーンくらいなので、野菜を食べているとコツンと当たる食感が味わったことのない感触で面白く頂きました。
もう骨煎餅が多くても良いかなぁと思ったのですが、堅さがクルトンやオニオンチップと比べても堅めなので、これくらいの割合の方が寧ろ良いのかもしれません。

のれそれ

のれそれ

おっと出ましたっ! 旬物ののれそれ(穴子の幼魚)を馬路村のポン酢で頂きます。
ぺらっぺらで、初めて食べた時は心太や葛かと思ってしまったのですが、一度食べると本当にクセになります。季節物ということもあるんですが、そもそもなかなか食べられないですよねぇ。
美味しいですねぇ。

穴子の造り盛り合わせ(湯引き、糸作り、炙り)

穴子お造り

穴子のお造りは3種類。湯引きは梅肉で、炙りは淡路島の自然塩「自疑雫塩(おのころしずくしお)」で、糸作りは山葵醤油で……というところですが、新鮮すぎる穴子のお造りは、ほんのちょっとの塩をまぶすだけでも最高に美味いです。
穴子はウナギと比べても弾力に乏しく、むしろふっくらとした身というイメージがあるのですが、お造りで頂くと全くそんなことはなく弾むような弾力を味わえます。湯引きや炙りも肉厚で美味いですねぇ。

穴子の天ぷら

穴子の天ぷら

穴子の天ぷらも塩で。

穴子の天ぷら

身の大きな淡路島の伝助穴子をさっくりと揚げた天ぷらは、衣はサクッ、身はほっこりと、正に穴子らしさが存分に発揮されています。
口当たりが良いので、ついつい何個も食べてしまいそうになります。これは危険だ。

穴子の白焼き

穴子の白焼き

焼きは蒲焼きではなく、白焼きで。お店の方のお薦めに添って、添えられた生七味をチョンと乗せて口にすると……ほほっ! ウナギとは全く違うあっさりとした中に強い旨味のある力強い味。生七味のウェットな辛味が良いアクセントになります。

穴子のしゃぶしゃぶ鍋

穴子のしゃぶしゃぶ鍋

メインは穴子のしゃぶしゃぶ鍋。刺身に使えるほどの新鮮な穴子をちょいと肉厚に切って、一番だしでしゃぶしゃぶします。

穴子のしゃぶしゃぶ鍋穴子のしゃぶしゃぶ鍋

しゃぶしゃぶすると、すっと身が丸まるので、さっと通す程度にしてポン酢で頂きます。
いやぁ、弾力が凄いです。厚めに切っていますが、すぐに火が通るので、半生くらいの感じで食べるのがベストかも。野菜もたっぷり、伝助穴子もたっぷり、堪能し尽くせます。

鍋の〆といえば、もちろん雑炊だったりするんですが……

焼きおにぎり出汁茶漬け穴子キムチ

この日はなんと焼きおにぎりが! 蒲焼き用のタレで焼きあげた焼きおにぎりに、鍋の出汁をかけて山葵を添えて出汁茶漬け風に。ちょいと、お塩をかけると〆には最適な良いご飯物。雑炊も良いですが、穴子自体の味が淡泊なので、こういう濃い味のものをどこかで混ぜるのは良いなと思いました。

デザート

デザート

デザートを頂いて、温かいお茶で大満足。オープンしてまだ間もないということもあって、まだまだ色々な事に挑戦していきたいということを店長さんも言うてはりましたが、穴子だけで様々な味わいの料理を提供されているのは凄いですね。
だし巻きとか棒寿司とか、そうそう、蒲焼きもまた食べて見たくなりました。

美味しかった~、ごちそうさまでした。

穴子とダンボー
店名 穴子家 NORESORE
ジャンル 魚介料理(穴子専門店)
住所 大阪市福島区福島5-11-9
電話番号 06-6136-6221
交通手段 JR環状線・福島駅/JR東西線・新福島駅/阪神電鉄・福島駅より徒歩3分
営業時間 17:30~24:00(L.O.23:00)
定休日 日曜日
サイト