恋愛小説

七月隆文「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」2回読んで、2回目に泣く

読み返したくなる小説、漫画ってあるじゃないですか?驚愕のトリックで、意外な犯人で、物語の登場人物が愛おしくて……色んな理由があって読み返したくなる、読み返しちゃう。泣きながらだったり、呆然としながらだったり。そういう小説、漫画の二読目は、なんとなく答え合わせのような気持ちになります。 ベストセラーが苦手です。「感動の作品」「絶対泣く」とか言われて、TVドラマ化されたり映画化されて、それが強調される […]