写真(ダンボーとマステ)

マステの収納に無印良品のラップケースが本当によかった!

マステの収納、悩んでいたんですよ。
文具博のようなイベントに行ったり、旅行などにいくと限定柄を見つけたりするので、単価も安くてついつい買っちゃって。気がついたら200個くらい。マニアの中では決して多い方じゃないけど、ちょうどいい収納をずっと探してました。

写真(マスキングテープ)

色々と探して落ち着いたのが無印良品の引き出し型のポリプロピレンケース
深さが9cmと絶妙で、10m巻きのものでも収納できます。スタックも可能なので、カラーボックスなら3段くらい入れることができます。

ですが、ぎっちりと詰め込むのにはいいのですが、仕切りなどがあるわけじゃないので、隙間が空くと安定しないのが難点。
あと、閉まっておく用途としてはこれでいいのですが、なんかかっこ良くない中身が見えないので、複数段になるとどこに入ってたっけ? となってしまいます

こんなマステ専用のケースもあったりするんですが、少しお高い。

どうしたもんかなぁと思っていたところ、文具ソムリエールの菅未里さんがこんなツイートを。

なんですとっ! 無印良品に隠れた逸材がっ!!!!

写真(ラップケース)

ということで、さっそく購入してきました。
ポリプロピレンラップケース(大)」幅は31cm、本当は(小)が欲しかったけど取り扱っていなかった。

さっそく手持ちのマステを詰め込んでみます。

写真(マステ)

おおおおおおっ! イイ感じじゃないですか。

写真(マステ)

正にジャストサイズ。10m巻きのものなど入らない物もありますが、私の持っているマステの半分以上がラップケースに収まるサイズ。
収納するラップを安定させるために、数cmおきにアールのついた仕切りがあるのもマステ向けです。

写真(ラップケース)ラップケースなので、蓋の縁には刃がついています。

マステをそのままカットできるので付けたままでもいいですし、危ないなぁと思う場合も簡単に刃を取り外すことができるのも好印象。

半透明のポリプロピレン製のケースなので、そのままでもどんなマステが収納されているかぼんやりと分かるのですが、

写真(マステ)

せっかくなのでマステで飾ってみることに。

写真(マステ)開くとこんな感じ。

どうでしょ? 専用ケースにも負けない「見える収納」になったんじゃないでしょうか。

これはいい。あと2・3個買ってこよう。

写真(ダンボーとマステ)
最新情報をチェックしよう!
ad