大阪名物、上質の和牛ちりとり鍋がボリュームありすぎ@北浜「鉄板鍋やなきち 北浜店」

「ちりとり鍋」って知っていますか?
ちりとりの形に似た底の浅い鍋を使った牛鍋料理。たっぷりの野菜と肉を食べられるのがおすすめのポイント。

仕事がちょっと行き詰まっていたある日、そんなお店へのお誘いがあり北浜へ。
食べ仲間との楽しい時間を過ごさせていただきました。

Sponsored Link

塩タン(¥1,200)

「ちりとり鍋」が売りのお店ですが、焼肉も実はおすすめです。
塩タンからいただきましたが、出力の強いIHコンロに薄い鉄板でさっと焼くだけで十分。

和牛ハラミ (¥1,280)

ハラミはタレで。肉質が良いので聞いてみたところ、国産和牛でその時その時で良いものを仕入れて、コスパの良いおいしいものが提供できているとのこと。

和牛てっちゃん(¥680)

店員さんのおすすめで皮をしっかりと焼いて、脂はさっと火を通すだけ。元ホルモン店で働いていた店員さんの言うとおりに焼くと、絶妙な味を味わえます。

どれも上質で、これなら焼肉を中心にオーダーしても面白いかも。

牛チリトリ鍋(¥1,600)

さて、本番。底の浅いちりとり鍋に山盛りの具材がドドンと。写真は3人前ですが、3人だと多すぎるかも……4人で食べても十分でした。

もやしや玉ねぎ、キャベツのたっぷりの野菜の上に、和牛ロース、バラ、ハラミ、てっちゃん、赤センと肉・ホルモンもたっぷり。

IHコンロの特性で真ん中が熱くなるので、ロースやバラ肉は四隅に固めて熱が通り過ぎないようにお店の方が整えてくださいます。お店の方の気遣いがなかなか素晴らしく、焼肉の時はすぐに鉄板を取り替えてくださり、鍋は熱の通り具合を見ながら食べ頃を教えてくださいます

仕上がった「ちりとり鍋」は見た目よりもあっさりとしたうま味です。キムチのピリっとした辛さが良いアクセントになっており、肉もホルモンも野菜も止まらなくなるくらいたっぷりといただけます。

鍋を食べ終えると〆はラーメンかおじやが選べるのですが、悩んでいると「両方いきますか?」という恐ろしい提案があり、すぐに乗ってしまう食べ仲間。

ラーメンはごま油を絡めてあり、風味豊かな〆を頂けます。
あらかじめ茹でてあるので、さっとスープを一煮立ちさせたらすぐに食べられます。ツルツルとして、しっかりとしたコシのある麺で好印象。

おじやはお好み焼きのタネのようなボウルでご飯が登場。もやし、ねぎ、キムチが一緒になっています。
おじやというので、多めのスープにご飯を浸して作るようなイメージですが、こちらのおじやはちょっと違います。スープはかなり少なめで、スープをソースのように辛めながら、具材とともにちりとり鍋で炒めていきます。

良い感じにご飯を炒めたら、ご飯で土手を作り中央に玉子を投入。
玉子を絡めながらさらに炒めて完成。なんだか炒飯を作っているかのうような仕上がりです。

食べて見ると、おじやと炒飯の中間といった感じ。〆の満足度はラーメンよりもこっちかな。

お店では参鶏湯、タッカンマリ、最近流行り(にさせられてる)チーズタッカルビなんかも提供しており、どれもなかなか良いコスパです。
仲間内でワイワイとつつくのにいいお店ですねぇ。おいしかったです。ごちそうさまでした。

店名 鉄板鍋やなきち 北浜店
ジャンル 居酒屋、鍋料理、焼肉
住所 大阪市中央区平野町1-7‐1 堺筋高橋ビルB1F
電話番号 06-6227-8744
交通手段 地下鉄堺筋線/京阪・北浜駅より徒歩5分
営業時間 18:00~23:00(LO.22:30)
定休日 日曜日
サイト ぐるなび / 食べログ

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-