天王寺区広報紙4月号「ぶらりテクテクてんのうじ」

天王寺区広報紙、4月号を本日発行しました。

広報紙の発行日は基本、毎月1日。ですが、予算が年度ごとで定められているといういかにも役所っぽい理由で、大阪市の各区の広報紙(広報誌)の4月号だけは3月31日発行になっています。と、言うわけで今回は1日早く、皆さんの手にお届けしました。

今月号の表紙は「四天王寺の枝垂れ桜」。やはり4月と言えば桜の季節、とても素敵な桜の写真を提供頂き、いつもの表紙の写真のサイズではもったいなく思えたので、思い切って全面写真にして頂きました。いかがでしょうか。

Sponsored Link

ぶらりテクテクてんのうじ


毎号、表紙をめくった2面には「クローズアップ天王寺」という特集記事を掲載しているのですが、今月は特別編として「ぶらりテクテクてんのうじ」と題して、天王寺区内のスポット情報を掲載してみました。

3月から4月にかけて、進学や就職、その他の理由で新しく天王寺区にお住まいになられる方が増えます。区役所の1階の窓口はこの時期、大混雑だったりするんですが……。
そんな、新たに天王寺区にお住まいになられる方に、ぜひお住まいになる場所だけでなく、天王寺区をもっと知って頂きたいという気持ちで、観光マップのイメージで区内地図、散策マップを作成しました。

もちろん以前から天王寺区にお住まいの方にも「へぇ~」と思って頂けるようちょっとしたトリビアや、新しいスポットもご紹介しています。
天王寺区のFacebookページをご覧になっている方(イイねしてね)はご存じかと思いますが、昨日3月30日に除幕式があった茶臼山の山頂碑も一足お先に写真におさめてご紹介させていただきました。

平成29年度予算紹介

冒頭に役所の予算は年度ごとなんて書きましたが、4月号と言えば必ず掲載させていただいているのが、その年度の予算についてです。

「役所の予算なんてどうでもいいわ」と思われる方もいるかと思いますが、自治体の仕事は皆さんから税金としてお預かりしたお金をどう社会に還元していくのかということ。
天王寺区では「あなたの声をつなげ隊」という区民の声を直接お聞きする仕組みなども活用して、区民の声を予算に反映しようとしています。
天王寺区の今年度の予算は約9億5千万円超。それだけのお金の使い道、気にならないですか?

年間イベントカレンダー

予算が付かないと仕事をしない……などという役所はもう昔の話。
お金がなくてもやれることはやるのが、今の役所です。

私が担当する広報紙に寄せられたご意見で、「広報紙にその月のイベントしか書かれていないので予定が立てられない。もっと先のイベントも掲載して欲しい」というものがありました。
いや、そうはいってもなぁ……紙面は限られているし、何ヶ月も先のイベントを載せてもその月になったら忘れてるやんなどと思っていたのですが、色々と課内でこの意見を真剣に考えてみて、年間カレンダーという形で4月号に載せてみてはどうだろうということでやってみました。当然、役所のやるイベントだけではつまらないし、プレスリリースすらされていない情報は掲載できないしということで、紙面構成には困りましたが、作ってみると1年のイベントを俯瞰して見られる良い企画になりました。

もちろん、単に掲載するだけでは面白くないので……

最終面に年間イベントカレンダーを掲載して、広げてみると表紙と一体になるように工夫してみました。こんな風に壁に貼り付けてもらって、どの月にどんなイベントがあるのか来月以降もワクワクと広報紙の発行を待っていただければと思っています。

ふふふ、これは冊子タイプの広報誌を出している区には絶対に真似できまい。

日付が変わって4月1日。広報担当2年目がスタートします。
今年度も天王寺区や公務員の普段の仕事に興味を持って頂けるように、少しずつ発信していきますのでどうぞよろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-