天王寺区広報紙7月号「光に包まれる四天王寺を見に行こう」

写真(広報紙)

天王寺区の広報紙7月号を発行しました。
大阪市のデジタルブックでも読むことができますが、できれば手にとって頂きたいところ。

天王寺区にお住まいの方は7月1日の朝刊に挟んでいますが、新聞を取っていない方はお申し出頂ければ直接ご自宅に郵送します。そうそう、もちろん区役所にもおいてありますので、参議院議員選挙の期日前投票のついでに、手に取ってみてください。

Sponsored Link

七夕のゆうべin四天王寺

大阪の夏祭りは天王寺から始まります。愛染堂勝鬘院の「愛染まつり」が最も早い大阪の夏まつり。大阪の夏の訪れを告げる愛染さんから、大阪の各地で様々な夏祭りが行われます。
そんな天王寺のお祭りの中で、海外からも人を集めているのが今回特集記事を組ませて頂いた「七夕のゆうべin四天王寺
七夕の前後に四天王寺で行われるイベントですが、昨年度の来場者はなんと4万5千人を超えたそうです。七夕らしい笹飾りや、天ノ川を模したLEDが点灯する笹トンネル、そして何より四天王寺そのもののライトアップが素晴らしい雰囲気を作り出しています。

今年で9年目になるイベントなんですが、始まった当初「なんでもかんでもイルミネーションにして、商業的なイベントやなぁ」と感じていた私。今回、取材で実行委員会の方とお話させていただくと、地域の方々が、色々なことを考えて一所懸命に盛り上げようとしているイベントなんだということを知りました。七夕縁日に出店するお店も、一般的なお祭りのような屋台ではなく、地元の方々が手弁当でできる限り地域の子どもたちがお小遣いでも楽しめるようにしたいというお話を伺えたり、金剛力士像をバックに行われるコンサートも地元の子どもたちの年に一度の晴れ舞台になっていたりというお話は本当に興味深くて、純粋に凄いなぁと思った次第
……その辺りは広報紙にもインタビュー記事として書かせて頂いているので、ここではこれ以上は書かないことにします(ちょいとあくどいやり方ですな)。

くまもん短冊

2011年の東日本大震災からは、被災地の支援もテーマになっており、特に今年は熊本地震もあったので、くまもんの短冊も販売して、売り上げの一部を被災地支援に回すとのこと。

天王寺区で仕事をするようになって5年目になりますが、実はまだ七夕のゆうべには一度も行ったことがなくて、行こうと思った日が雨だったりしたこともあったのですが、今年はぜひ伺って、ガッツリと写真も撮ってきたいと思います

広報紙では、七夕のゆうべだけでなく、他のお祭りも最終面に日程と場所を大きく掲載させていただきました。ぜひ、今年は愛染さんから地域のお祭りをたっぷり楽しんで頂ければと思います。

イベント名 七夕のゆうべin四天王寺2016
開催期間 2016年7月6日(水)~8日(金)
開催場所 四天王寺境内および参道
交通手段 地下鉄谷町線・四天王寺前夕陽ヶ丘駅より徒歩9分
サイト 公式サイト

ここからは広報紙についての余談

大阪市24区の7月号の広報紙を見比べてみると、今回は参議院議員選挙をトップに持ってきているところが多いですね。
もちろん、行政の広報だから参議院議員選挙を掲載するのは当たり前(ウチも最終面で取り上げています)ですが、それってトップ記事かなぁ……という印象。
確かに今回の参議院通常選挙は、選挙資格が18歳に引き下げられて、周知せなあかんのは分かるんですが……あ、広瀬すずさんのポスターやちらし大人気ですが、はがしたりしないでね。予備もあまりないので。

広報紙は手に取って貰って、読んで貰うのが一番大事だと思っているので、他区の編集方針は個人的には賛同できないなぁ……と思っていたんですが、淀川区の取り上げ方だけは「巧い!」と思いました。

よどマガH28.7よどマガH28.7

やるなら、これくらいしなきゃダメでしょ

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-