東三国「和風カレー HIGEBOZZ」情熱うどんグループの新たな挑戦

memo2017.3.18に大阪市北区・中崎町に移転オープンされました。
詳しくはこちらのレビューをご確認ください。

HIGEBOZZ 看板

大阪・豊崎で名を馳せる「情熱うどん讃州」さん。現在は情熱うどんグループとして7店舗構えています。
その情熱うどんグループが8店舗目の新店舗が3月18日(水)に東三国に開店します。

しかも、そのお店はなんとカレー専門店

今回はオープニングレセプションにご招待頂きました。

お店は地下鉄御堂筋線・東三国駅の5番出口から徒歩5分弱。「DANRAN酒家そら」として営業されているお店を昼の間だけ借りて営業する最近流行の「宿借り系」の営業形態です。おかげで、お店の中は日本酒の瓶が並んでいて、なかなか爽快ですね。

Sponsored Link

和風カレー +炙りチャーシュー (¥650+¥150)

和風カレー

メニューは黒毛和牛の極上牛スジを使用した和風カレー一本。さらっとしたカレールーにこんもりと盛られた白米が美しい仕上がり。
今回は、情熱うどん讃州の人気メニュー「ざるチャーシュー」でも提供されている炙りチャーシュー(+¥150)をトッピングしてみました。

チャーシュー

カレーでチャーシュ-も珍しいですが、カレールーに合わせるとやっぱりこれが良く合っています。
なにしろ、カレールーのベースは情熱うどん讃州さんのカレーうどんのルーがベース。天然の削り節でとった出汁に、様々なスパイスを加えた仕上げた本当に”和風な”カレー
出汁の美味さが前面に出たあのカレーうどんのカレーで、本当に食べやすいカレーライスに仕上がっています。
子どもさんも結構お店にいたんですが、辛すぎるということもなく、ぱくぱく食べてはりましたね。

スリランカなどのスパイスカレーや欧風カレーと多種多様のカレーの人気店が増えていますが、こういう和風カレーを売りにするお店は余り見ませんね。

ねぎと天かすトッピング ねぎ・天かす

さらに面白いのが、付け合わせに出されている「ねぎ」と「天かす」。
カレー専門店ではまず出ないこの付け合わせ。

うどん店出身ならではと言うところですが……

面白美味い

笑ってしまいそうになりそうなくらい合っています。カレーうどんならおかしく無いのですが、カレーライスにかけるという考えがないので、これは新鮮な感覚です。

タルタルソース

トッピングの中には「タルタルソース」(+¥50)なんてものも。こちらも情熱うどん讃州さんでタルタル牡蠣フライカレーうどんといった面白いメニューがあるので、そちらを知っている人にはカレーに合うのは知っています。

酸味の少ないたまご感がしっかりとしたタルタルソースとカレールーがめっちゃ合うんですよねぇ。

讃州 久保氏

満面の笑みの情熱うどんグループ総帥の久保さん。
辛味がもう少しあっても良いんじゃない? と言ってみたところ、スパイス系のカレーを追っても仕方がないとのお答え。確かに、情熱うどんグループらしいカレー店としての挑戦、真正面から受け止めました。
面白くて美味しい新しいタイプのカレー店、ぜひぜひお試しくださいませ。

メニュー
店名 和風カレー HIGEBOZZ
ジャンル カレー
住所 大阪市淀川区東三国4-5-20 ル・アストル1F
電話番号
交通手段 地下鉄御堂筋線・東三国駅 5番出口より徒歩5分
営業時間 11:00~14:00(L.O)
定休日 日曜日、祝日不定休
サイト 未作成

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-