北新地「湯木 本店」天然クエ鍋に悶絶しました……

infoこの記事は2015年2月1日に書いたものです。
現在とは紹介させていただいている内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

湯木 2月

……また贅沢させていただきました。

昨年、北新地の湯木さんの新店で鴨鍋を頂いたんですが、その時に湯木さんより「いやいや、クエ鍋もぜひ食べに来てくださいよ」と言われて……ついつい、えぇ、年が明けたらぜひ……と言っていたら……本当に仲間内で日程が決まって、しっかりとクエ鍋を楽しませて頂きました。
しかも、その日に瀬戸内で揚がった天然物とのこと。いや……こんな機会、逃せないです。
と、いうことで鴨鍋の時と同じメンバーで、今回は本店にお伺いしてきました。

Sponsored Link

天然クエ鍋 コース(時価¥15,000~¥20,000)

座付膳 八寸

座付膳座付膳

飾り葉の向こう側に隠れているのはオシドリの夫婦の可愛らしい器。
そっと開けてみると、それぞれにふさわしいお料理が。雄の器には赤貝のぬた和え、雌の器にはイクラのおろし和え。力強い味と繊細な味との対比が素晴らしすぎます。手前にはかつお胡桃、黒豆、河内鴨ロース、玉子かまぼこ、塩ウニ煮凝り。
ウニの煮凝りは初めての体験。酒飲みにはたまらないでしょうね……と言っていたら、

鷹勇

同行者はさっそく飲んでいました。やっぱり。Weinhous HINODEの鷹勇、辛口”強力”だそうです。すっきりとした飲み口の日本酒ですが、ウニだけでなく、鴨ロースの濃い味にも、かつお胡桃の強い香りにも全く負けない素敵なお酒。……だから、飲み過ぎるってば。

個人的には湯木さんの玉子かまぼこがものすごく好き。ほろほろっと口の中でほどけて、甘みがほっと広がる素敵な一品やと思いますね。

御椀 蛤しんじょ潮仕立て

尾長鶏椀御椀 蛤しんじょ

これまた美しい五色の尾長鶏の輪島塗椀で提供されたのが、蛤しんじょ。

見た目も美しいのですが……このしんじょがふわっふわで、一瞬にして幸せな気分になりました。まるでメレンゲのような柔らかなしんじょに、蛤が目一杯。それをがっしりと支える蛤ダシの旨味。椀を開けた途端に香る木の芽、ダシを味わったときの豊かな香り、しんじょを口に含んだときの溶けてなくなるような食感。鍋にたどり着くまでにもうノックアウトされそうです。

造り

造り

この日のお造りは鯛、あおりいか、寒鰤。新鮮なお造りは本当に美味しいです。一つ一つのあしらいも見事で、正月明けということもあって、海苔に金粉までまぶしてありました。

ついつい、お酒が進んでしまうので……

エビス梅酒

梅酒に変えたら、これがまた美味しい。エビス梅酒……天満宮の梅酒で飲んだことあるかもと思って、帰ってから調べてみたらやっぱり去年の天満天神梅酒大会でウチが気に入って投票した梅酒の一つでした。お湯割りにすると特に美味しい! 今、飲んでるの飲み終わったら、買おうっと。

クエ鍋

クエ鍋
クエ鍋クエ鍋

と、いうことでたどり着いたクエ鍋。
クエはあらかじめ軽く湯通ししておくと、脂分が適度に落とされストレートに身の旨味を味わえるとのこと。
たっぷりの野菜と、茹ですぎにならないように教えてもらいながら、ちり酢で頂きます。
ふぇ~っ、これは凄い!! 淡泊なのに、噛むと穏やかな甘味と美味さがグイッと感じられます。部位によって食感も異なり、目元のゼラチン質はスッポンにも劣りません

この日のクエは、本当に質が良いものだったと市場でも評判だったらしく、それを豪快にこれだけの分量を提供してくださったのは本当に驚きました。

雑炊
雑炊雑炊

もちろん、お鍋の〆は雑炊で。お店の方に全てお任せして、柔らかめの玉子とたっぷりの青ネギと合わせて。
うんまっ!! 上品な昆布だしベースに、たっぷりクエの旨味が被さった雑炊は何杯でも食べられそう。ちり酢をちょっと乗せてみてとお薦め頂いたので、そうしてみるとツンと酸味がアクセントになってこれまた美味しい。実は、ウチ、自宅でも鍋にするときはポン酢をこうやって雑炊に軽くかけるんですよね。親父に教えてもらったので。
これまた上品なお漬け物とお替わりの雑炊で、ふぅ、お腹いっぱいです。

甘味 珈琲ゼリー フルーツ射込み

珈琲ゼリー

最後にデザート。日本料理のお店で珈琲ゼリーとは……いや、これ。ものすごくさっぱりとして美味しいですよ。フルーツがたっぷり入った珈琲ゼリーで、お腹いっぱいだったところがちょっと楽になった感じ。

基本だし

帰りに妻にも高評価だった湯木さんの基本出汁のパック、お店においておられたのでついつい今回も。ウチ一人で美味しいもん食べてて、家族に怒られそうなんで。これで鍋とか味噌汁とか作るとびっくりするほど美味しんだ、これが。

いやぁ、今日も本当に凄い料理を頂きました。日本料理の名店「吉兆」の流れを組むお店。本店なのに、座敷ではなく上品なテーブル席ということで、学国の方でもお招きでき、間違いなく感動して頂ける日本料理を味わって頂けると思います。
日本料理は京都? 馬鹿言っちゃいけません。大阪にだってこんな素晴らしいお店があるんですよ。
機会を見つけて、またぜひお伺いさせて頂きたいと思います。

店名 北新地 湯木 本店
ジャンル 日本料理、懐石・割烹
住所 大阪市北区曽根崎新地1-7-12 ダーリンビル 1F
電話番号 06-6348-2000
交通手段 JR東西線・北新地駅より徒歩5分
営業時間 11:00~14:30(L.O.13:30) / 17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日 日曜日・祝日
サイト ホームページ

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-