行ってきました”PIECE OF PEACE”~「レゴブロック」で作った世界遺産展~

infoこの記事は2014年8月29日に書いたものです。
現在とは紹介させていただいている内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

PIECE OF PEACE

今月末まで開催している”PIECE OF PEACE”~「レゴブロック」で作った世界遺産展~に行って参りました。

この”PIECE OF PEACE”、2003年に1回展を開催し、のべ200万人の観覧者を集めているイベント。今回の3回展は「世界遺産条約」採択40周年を記念して、2012年11月から日本全国、今回はワールドツアーということで香港でも開催しています。
大阪では2年ぶりの開催。

あなたの1ピースがカチッとはまっると、
世界遺産はきっと喜ぶ。

現状維持すら難しい世界遺産を保つための試み。ちょっと覗いてみましょう


堂島リバーフォーラム 外観

会場は堂島リバーフォーラム、中之島の対岸にABCホールなどと共に劇場機能を持ったホールとして様々なイベントが開催されています。
京阪中之島線というマイナーなアクセスでなければ、もうちょっと目立っても良い場所なんですが、個人的には好きなスポットです。

ウッディたちがお出迎え

ウッディたちがお出迎え

この日は夏休み終盤の土曜日ということもあって、行列はないものの会場は盛況。小学生からおじいさん、おばあさんまで幅広い方が会場に訪れていました。
会場に入ると、さっそくトイストーリーのウッディたちがお出迎え。等身大…………ちゃうやん、ウッディなら巨大化やんと思いながら、メイン会場のホールへ。

凄いっ!
ホール内には世界27か国40作品の世界遺産がレゴブロックで再現

イタリア・ローマのコロッセオが再現されてあったり、

イタリア共和国/ローマ歴史地区(コロッセオ)

イタリア共和国/ローマ歴史地区(コロッセオ)

ガウディの作品群ということで、スペインのサグラダ・ファミリアがそびえ立ってたり、

スペイン アントニ・ガウディの作品群(サグラダ・ファミリア)

スペイン アントニ・ガウディの作品群(サグラダ・ファミリア)

建物ばかりでなく、中国の四川ジャイアントパンダ保護区群としてジャイアントパンダのレゴがあったりします。

中華人民共和国/四川ジャイアントパンダ保護区群

中華人民共和国/四川ジャイアントパンダ保護区群

他にも、ウェストミンスター宮殿や、ピサの斜塔、タージ・マハル、自由の女神像にモアイ像。もちろん、日本にある世界遺産も再現されており、新しく制作された富士山をはじめとして、厳島神社、金閣寺、姫路城など写真に撮りたくなる作品が一杯。

…………なんですが、この日の前日に一眼レフが故障して今回は写真が抑えめ……悔しい。

レゴ

他にも、来場者の方々が作成した作品が、世界地図の中に並べられて街のようになっていたり、国内外のアーティストの作品やメッセージが用意されていたり、レゴ作品をキーに日本ユネスコ協会連盟が行っている「世界遺産を守る」活動を押しつけがましくなく紹介しています。

家に置くスペースがなくて、持っていたレゴパーツのほとんどを手放してしまいましたが、こういうのを見るとまた何か作りたくなってしまって困りますね。
400円の入場料以上に楽しむことができました。

http://www.pofp.jp/