裏谷四「nidomi」スパイスの女王が作るスリランカカレー

今日は仕事で昼イチで中央区役所へ。
区役所の最寄り駅は堺筋本町なんですが、ランチに狙うなら谷町四丁目駅から西側の「裏谷四」と呼ばれるエリア。

この「裏谷四」にはランチに行ってみたい(行ってみてほしい)お店が一杯あるのですが、今注目されているのはカレー。
かれおた★-curry maniacx-のTAKさん曰く、「裏谷四グランドクロス」と呼ぶ東西南北+中の5店、東「宝石」、西「iloilo」、南「nidomi」、北「バビルの塔」、中央「ゼロワンカレー」と充実度合いが素晴らしすぎます。

ワタクシ、まだ東西の2店はまだ未訪なんですが、ランチタイムに裏谷四と思った瞬間に「nidomiに行きたい!」と思ってしまったので、本日はnidomiさんに突撃です。


お店の目印はこの看板

お店の目印はこの看板

中央通から北側に一本入った通りにあるビルの2階でひっそりと営業している「nidomi」さん。
カフェバースタイルで営業されていて、以前はハンバーガーなども販売していたんですが(また、これが美味しかったんだ)、「カレー一本でやろうと思ってて」とカレー修行にスリランカに行ってからは、さらに腕に磨きをかけ、先日ぴあMOOK関西さんが発行したムック「究極のカレー 関西版」では、関西のグルメブロガーが推す第1回究極のカレーAWARD2014関西の総合部門で1位になっちゃいました。

お店に向かって歩いているだけで、もう早く食べたい、早く食べたいと心がはやって、階段上る頃には「うぉー」といった感じ。12時20分頃に到着!
…………行列でした。そらそうやわな。とは言え、6人待ちならなんとかなりそう。普段、行列待ちはしないワタクシですが、もう「nidomiのカレー」の口になっているので、仕事に間に合わないリスクを冒してでも行列に並びます。
幸い、あまり時間を待つこともなく、10分ほどで入店できましたが、1時前には行列が伸びて12人待ちになっていました。

3種のカレーのあいがけ「混盛」

3種のカレーのあいがけ「混盛」

nidomiカレースタンダード混盛 (¥1,000)

ランチタイムは3種類のあいがけの「混盛」、2種類の「あいがけ」、焼きカレーを販売。
もちろん、3種類の「混盛」をオーダー。
「nidomi」さんのスタンダード、特製の牛すじカレーに、今日は鶏軟骨入りチキンキーマ、ラムバラ肉と揚げ茄子のスリランカカレーを一気に味わえる盛りつけも素晴らしい一皿。
「よく混ぜて食べてください」と店長のaroaさんにも言われるんですが、まずはやっぱりそれぞれのルーを楽しんで……
美味っ! 定番の牛すじカレーはまろやかな辛みで、牛すじもトロトロ。安定した旨味にまずやられます。
続いて左側のラム肉をパクリ。右側とはまたまったく違った味わい。スパイス感が強くなるのですが、ラムの臭みを消すための強さじゃなくてラム肉の美味しさを引き出すスパイスの香り。
中央のチキンキーマはまた左右とは違った香り。ドライキーマにありがちなぱさぱさ感はなくて、ウェットな仕上がりでこれまたうんまい!

単品単品がこれだけ美味しいとスリランカ式にかき混ぜるのには躊躇するのですが、お薦めにしたがってサラダなども含めて一気にかき混ぜタイム。で、パクリ。
うんまっ!!!! なんで? こんなに味の特徴が違う3つのルーが混ざるのに、味がケンかしないんですかっ!? 美味すぎて、一気にかっ込んで、大盛りにしなかったことを後悔……

デザートとアイスラッシー

デザートとアイスラッシー

食後に謎の粉(妖しい物みたいな書き方やな……)のかかったアイスデザートにラッシー(+¥150)を頂いて、スパイスチャージ完了。無事、午後からの仕事に間に合いました。
行列待ちの方もいたので、店長のaroaさんとのお話もそこそこにサクッと席を立ってしまいましたが、こちらのお店、その時の体調や好みに合わせて、即興でスパイスを調合して作ってくれるカクテルカレーなんて素敵なものもやっているんですよね~。今度は、ディナータイムにぜひカクテルカレーを味わいに行ってみたいもんです。

店名 nidomi
ジャンル カレー、カフェバー
住所 大阪市中央区常盤町2-4-9 エクセル第6ビル2F
電話番号 06-6949-3067
交通手段 地下鉄谷町線・谷町四丁目駅 6番出口から徒歩5分
地下鉄堺筋戦・堺筋本町駅 1番出口から徒歩5分
営業時間 [月〜土]12:00〜15:30 / [月〜金]18:00〜22:00
定休日 日曜日、土曜日夜
サイト