チョコレート研究所、移転して常設店オープン@西区・新町「チョコレート研究所 大阪新町店」

infoこの記事は2015年12月27日に書いたものです。
現在とは紹介させていただいている内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ガトーショコラ

チョコレート好きのチョコレート専門カフェ「チョコレート研究所」。春から梅田で週一度のみの営業でやっていたのですが、この度、西区新町に移転、ようやく常設店としてオープンすることになりました。

もちろん、αアンバサダープログラムでお借りしているα7こと「ナナ」を連れて初訪問。最初の撮影対象は絶品スイーツですよ。

チョコレート研究所

場所は大阪市西区・新町。オリックス劇場があり、カフェや注目できるセンスの良い飲食店が増えている注目のエリア。最寄り駅は西大橋駅が一番近いかなぁ……。
先日、南船場に移転したワドオモテナシカフェの跡地になります。

チョコレート研究所 メニュー

「チョコレート研究所」という名前ですが、チョコレートだけじゃなくてふわふわのスフレパンケーキやチーズケーキもお薦め。奈良のかき氷の名店「ほうせき箱」で学んだかき氷もやりたいとのこと。
常設店になったので、ドンドンと色々な事にチャレンジして欲しいです。

Sponsored Link

ガトーショコラ(2種セット¥600)

ガトーショコラ

ショコラ所長が厳選するチョコレートの美味しさを存分に味わうならガトーショコラをお薦め。
その時に手に入れている高質のカカオから作ったガトーショコラを2種類用意しています。

この日はベネズエラ産、ペルー産のカカオを使用したガトーショコラが用意されています。どちらかを選ぶ(¥500)ことも出来ますが、できれば¥600で2種類を食べ比べすることをお薦め。さらに+¥300でチーズケーキを加えることもできます。

ペルー産は提供される前にほんのりと温められており、滑らかな仕上がり。濃厚な甘味が口の中に広がりますが、くどさが全くなくチョコレートそのものの美味しさを存分に味わえます

ベネズエラ産はしっかりとした仕上がり。果物のような酸味がすっと通ります。こちらも滑らかな舌触りで明らかにペルー産とは異なる風味を感じられます。

ちなみ手前のチョコレートソースもフランス産の高級チョコレートをふんだんに使ったもの。ガトーショコラに果物や生クリームとともに食べると幸せな気分になりますよ。

パンケーキ(リッチミルクエスプーマ)(¥1,300)

スフレパンケーキ

もう一つの売りのパンケーキはスフレ風。
ふんわり柔らかに焼きあげたパンケーキは

ミルクエスプーマミルクエスプーマ
パンケーキ(リッチミルクエスプーマ)

目の前でこんもりと北海道産の生クリームをエスプーマ(泡状)にして仕上げてくださいます。

この見た目はかなり「ヤバい」です。

最近流行りのエスプーマにされた生クリームは、そのまま泡立てたものと違って淡雪のような滑らかさ。ふんわりと焼きあげられたパンケーキはスフレ風なので、このエスプーマと合わせるとそのまま口の中で溶けるような柔らかさです。
生クリームが好きな人には、このパンケーキはなかなかそそられるものがありますね。

野菜ソムリエさんお薦めの無農薬生姜パウダーを提供いただいたので、ほんの少し振りかけてみると、とても良いインパクトが与えてもらえます。

ホットジンジャー

ホットジンジャー

余りにも生姜パウダーが美味しかったので、ホットジンジャーもオーダー。

これはイイっ!
ジンジャーだけではく、八角、ブラックペッパーなどを合わせたスパイスティー。八角の香りとブラックペッパーのピリッとくる辛味がありながら、生姜の美味しさが澄んで現れています
本当に美味しくて、体が温まってきます。

スイーツレポーターちひろ

年末まで無休でやっていくとのこと。ちひろさん、頑張ってくださいね。

店名 チョコレート研究所 大阪新町店
ジャンル スイーツ、カフェ
住所 大阪市西区新町1-9-14 2階
電話番号 (080)2505-8854
交通手段 地下鉄長堀鶴見緑地線・西大阪駅より徒歩6分
営業時間 11:00~20:00
※売り切れ次第終了
定休日 不定休(年内は無休/facebook,Twitterで確認を)
サイト 公式ブログ / /

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-