写真(備前黒牛盛合せ)

一頭買いの備前黒牛を食べ比べ@西中島南方「グリル モトカラ」

写真(備前黒牛盛合せ)

写真「グリルモトカラ」コロナウイルスに負けるな、頑張れ飲食店

ということで、先週伺わせていただいた『燻製バル モトカラ』の系列店があるとのことで、そちらに連休前に伺ってきました。
まぁ、待ち合わせ場所に着いた途端、「兵庫に行くなってどういうこと!?」と聞かれて、頭抱えたのは別の話。

Utatane.Asia

13日の金曜日に飲みません? とお誘いを受けて、道頓堀へ。 ここ数年は、お誘いがない限り道頓堀付近や黒門市場など、インバ…

道頓堀の『モトカラ』さんは燻製バルということで、燻製料理がおすすめでしたが、こちらは『グリル』ということで、肉バルといった方向性。お店の外観は周囲のお店と比べてもおしゃれな感じで、訪問時のお客さんもほとんど女性。確かに女子会とか向きな雰囲気のお店です。

この日は意外と食の好みが違う4人で色々と楽しんできました。

前菜3種盛り(¥800+税)

写真(前菜3種盛り)

彩り野菜の自家製ピクルス、ポテトサラダ、スペイン風オムレツの3種類

ちょっと分量少なめかな。最初に頼むアテとしてオーダー。どれもそれぞれ単品で300円+税でオーダー可能です。どれもあまりクセのない味なので、頼みやすい料理だと思います。

チーズ盛り合わせ5種(¥1,000+税)

写真(チーズ盛り合わせ)カマンベール、ミモレット、マリボー、ギリシャフェタ、ゴルゴンゾーラの5種。

こちらもそれぞれ単品でオーダー可能(各400円+税)。チーズは好みが分かれるので、一人で行くなら好きなものを単品で頼みたいかなぁ。
写真の5種の他にクリームチーズ、ガーリック&ハーブの提供が可能とのこと。

シャルキュトリー盛り(¥800)

写真(シャルキュトリー)シャルキュトリー盛り……としかメニューには書いてないのですが、シャルキュトリーとは『お肉から作られる加工食品の総称』のこと。
フランス料理に詳しければわかるけど、それメニューでわかるように写真くらい入れて欲しいなぁ。

鴨の黒コショウ風味、パテドカンパーニュ、若鶏のバロティーヌの3種類。

これは3種類とも味の方向性が違うので、前菜としては楽しめます。やっぱりここまでワイン向きかなぁ。

生ハム・サラミ盛り5種(¥1,000+税)

写真(生ハム)右からモルタデッラ、サラミ・トスカーナ、サラミ・ミラノ、パルマプロシュート、サラミ・フィノッキオーナ。

プロシュートは18ヶ月熟成のもの。
モルタデッラは日本では一般的にボローニャソーセージと呼ばれる柔らかな口当たりのもの。サラミは3種とも味わいが異なるんですが、あまり違いはわかりにくいかもしれません。このあたりの特徴の違いなんかもカウンター席で話しながら食べられると嬉しいですね。


と、まぁ、前菜はここらにして。ここのお店の本領はこれから。

名物備前黒牛 てっさ風(¥600+税)

写真「名物備前黒牛てっさ風」岡山の備前黒牛の赤身を『てっさ』風に仕上げた一皿。

肉のタタキですが、『てっさ』風ということで、柚子を絞って芽ネギを添えていただきます。

おぉ、柔らかい!

肉は柔らかく、うまみが強く、これは確かに名物とうたっているだけのことはあります。
見た目も美しいですし、前菜代わりに最初の一皿でもいいかも。

備前黒牛盛合せ お任せ3種盛り(¥1,500+税)

写真(備前黒牛盛合せ)やはりこちらの売りは岡山・岸本牧場で生後26ヵ月まで飼育管理された『備前黒牛』。
一頭買いで仕入れた『備前黒牛』の様々な部位を食べ比べることができます。

と言っても、部位がピンとこない人にはお店のお任せ3種盛りがおすすめ。

この日は、ハネシタ(上肩ロース)、ラムシン(サーロインに近いお尻部分)、マルシン(内ももの赤身)の3種類。
どの部位も柔らかく、肉質もしっかりとした部位ですが、それぞれ特徴がでています。

特にハネシタはハーブ塩をちょっとだけ添えて、ラムシンはわさびでと少しずつ試しながらいただけるのがいい感じ。

写真(肉の部位)

肉の部位はテーブルに図解したメニュー表が用意されているので、その日仕入れられたお肉を、10g単位(最小単位は50gとのこと)でオーダーできます。

肉のグリル

サーロイン(150円/10g)、 クラシタ(100円/10g)、ランプ(90円/10g)、イチボ(100円/10g)を追加オーダー。

いくつかの部位を分けて、3・4種類を50gずつぐらいでオーダーすして仲間内でシェアしたり、150g~200gぐらいをガツンとオーダーするなど選択肢があるのがいいですね。

備前黒牛のボロネーゼ(¥800+税)

写真「備前黒牛のボロネーゼ」パスタメニューで選びたいのはやはりボロネーゼ。備前黒牛のうまみの強いソースとチーズの相性がばっちりです。

写真(備前黒牛のボロネーゼ)

パスタは平打ちのタリアテッレ。しっかりとソースがからみます。


写真「シーザーサラダ」
温玉のシーザーサラダ¥500+税
写真「フォカッチャ」
自家製フォカッチャ(¥200+税/2個)
写真「デザート」
ジェラート・ソルベ(各¥300+税)

ワインやハイボール、カクテルなどお酒を飲みながら、肉をつまみ、会話を楽しむという使い方がイイ感じのお店でした。

やはりブランド牛の『備前黒牛』を部位を指定して食べ比べることができるのが魅力ですね。

美味しかったー

店名 グリル モトカラ
ジャンル
住所 大阪市淀川区西中島3-16-17
電話番号 050-5597-5803
交通手段 大阪メトロ御堂筋線・西中島南方駅より徒歩2分
阪急京都線・南方駅より徒歩1分
営業時間 [月~土曜日]11:30~23:00(LO.22:15)
ランチ11:30~14:00 / カフェ13:00~18:00 / ディナー17:00~23:00
定休日 日曜日・祝日
サイト 店舗サイト / 店舗Twitter / 店舗Instagram / 食べログ

淀川区西中島のグリル モトカラでは、牛、豚、鶏はもちろん、猪肉や鹿肉などの様々な部位を使用し、イタリアンをベースとした色…