gear

GEAR 上演回数2,000回突破、京都発の最高のエンターテインメント

2012年より足かけ6年目、上映回数は2,000回超え、100名以下の小劇場としては脅威の来場者数15万人突破と信じられない記録を作りながら京都でロングランを続けている「ギア」を久しぶりに見たくなって、前日にチケットを取って行ってきました。なんと4年ぶり。 誰にでもお薦めできる極上のエンターテインメント 人の心が起こす、再生の奇跡 人間型ロボット「ロボロイド」が働き続ける、忘れ去られた古い元おもち […]

観劇雑記:GEAR ver3.0 「衝撃。進化なんてもんじゃない」

京都で「演劇でもない、ミュージカルでもない、サーカスでもない!」エンターテイメント公演が上演されています。 その名もギア。ギア(GEAR)は、言葉を使わないノンバーバル(Non-verval)パフォーマンス。米国の「ブルーマン」、韓国の「ナンタ」といったあたりが有名ですが、国内ではあまりこういった公演を観たことはありません。 しかも昨年(2012年)4月から、ロングラン公演を重ね、公演回数も300 […]

観劇雑記:ギア ~GEAR~ ver2.00

“言葉がなくても楽しめる。言葉がないからおもしろい” 京都・河原町駅から北へ徒歩8分。ART COMPLEX 1928という小劇場があります。 かつては新聞社の講堂だったこの場所は、演劇や講演会、絵画などアート作品の展示など幅広く利用されているのですが、今年(2012年)の4月からその劇場で興味深い作品がロングラン公演されています。 『ギア ~GEAR~』はマイム、ブレイク […]