2017年9月

1/2ページ

生活保護通知・通達総索引2017公開しました

生活保護の現場から離れて2年目になります。生活保護の分野で、今も最前線で奮闘されているケースワーカー、査察指導員の皆様に、今年も「生活保護通知・通達総索引」の更新をお知らせします。 生活保護通知・通達総索引 生活保護通知・通達総索引は、生活保護手帳、生活保護手帳別冊問答集など現場のケースワーカー、査察指導員にとっては必須の資料を最大限に活用できる索引集です。 簡単な語句を鍵に生活保護手帳、生活保護 […]

日本人ならおにぎりだ。一口ごとにほっとする釜炊きのおにぎりランチ@福島「kei (継)」

午前の仕事を終えたランチタイム。外食にでるとついつい「早く食べられる」お店に行きがちです。 ガッツリ食べてパワーをつけたい時もありますが、ちょっと心を落ち着けて、気持ちをリセットして午後からの仕事に臨める……今回はそんなお店をご紹介します。 JR福島駅を降りて、ホテル阪神の南側エリア。民家を改装したカフェや、人気のラーメン店などが軒を連ねていますが、ちょっと脇道に入った所に、「kei(継)」という […]

普通の中華が抜群にうまい@鶴見橋「ぎょうざや」

たびたびおいしいお店で食事会を企画していただいているお友だちから誘いがあって、西成区鶴見橋にある中華料理屋さん「ぎょうざや」へ。お店の外観は本当に町の中華屋さん。20名を超えるおいしいもの好きメンバーによる大宴会です。セットメニューなどはありませんので、料理はアラカルトでどんどん注文して目一杯楽しみました。 普通の中華屋さんの抜群においしい料理をご紹介。さすがに全部書くとキリがなくなっちゃいそうな […]

ほしおさなえ「活版印刷 三日月堂」穏やかな4つの物語

古びた印刷所「三日月堂」が営むのは、昔ながらの活版印刷。活字を拾い、依頼に応じて一枚一枚手作業で言葉を印刷する。そんな三日月堂には色んな悩みを抱えたお客が訪れ、活字と言葉の温かみによって心を解きほぐされていくが、店主の由美子も何かを抱えているようで。 装丁の美しい文庫本に引かれます。読んだことのない作家さんの作品に最初に触れるのは、その装丁。この本もその美しさに引かれました。 小江戸と呼ばれる埼玉 […]

  • 2017.09.16

ムーンビームマシン「月雪の娘」見どころ満載、華やかな和風ファンタジー

今年はあまり観劇できていないなぁと思っていた所、Facebook友だちが出演される舞台を観に行く機会に恵まれました。 ムーンビームマシンの10周年記念公演とのことですが、観るのは初めて。ちらしやSNSでお芝居を観に行こうと思うことはあっても、なかなか新しいところに手を出すというのは難しいんですよね。こうやって友だちからのお薦めは興味の幅を広げられるので嬉しい限りです。 歌、ダンス、殺陣、三味線と見 […]

美しさ際立つ料理が衝撃的な大人イタリアン@北新地「Ristorante Pinocchio」

「まだあまり知られていないすっごいイタリアンのお店あるんですよ。」そんな友人の言葉にそそられて、仕事が一段落ついた日に予約させていただきました。お店の場所は北新地の雑居ビルの4階。目立つお店ではありませんが、友人の言葉通り、これは凄いと思えるイタリアンのお店でした。 店内は11席のカウンターのみ、場所が北新地なので時間は早めに伺わせていただきました。お店の扉を開けた途端、新地の賑やかさが完全に遮断 […]

生活保護通知・通達総索引2017版制作に入ります

今年度の生活保護手帳、生活保護手帳別冊問答集を手に入れました。 実弟を含め、現役CWからの要望もあり、今年も「生活保護通知・通達総索引」を更新します。生活保護の現場から離れて1年半が過ぎましたが、月に数件は索引を配付を希望するメールがあり、需要があることは認識しています。 現在の広報業務の合間、プライベートな時間を使っての更新となりますので、完成時期についてはなんとも言えません。完成次第、このブロ […]

ブルックリンをイメージした素敵なお店で肉×クラフトビールを堪能@東梅田「BUTCHERS BROOKLYN」

一人では行きにくいお店って色々あって、このお店なんてまさにそれ。東梅田にBUTCHERS BROOKLYNは、肉料理を中心に提供するバルスタイルのお店。ニューヨーク・ブルックリンを意識した店内は、素敵な雰囲気で1階はカジュアルなスタンディングバーになっています。 2階にもバーカウンターはありますが、テーブル席で貸切も可能なようです。ゆっくりと食事と会話を楽しむなら2階で、ビールを中心に料理をアテに […]

季節を味わい、友と語らう@北新地「湯木 新店」

旬の物を食べたい、おいしいもの好きの人たちとゆっくり話をしたい、そう思った時に伺わせて頂けるお店を知っていたり、一緒に行きましょうと言って頂けるのは嬉しいことです。 真夏の一日に、北新地の湯木さんに再訪しました。 四方ガラス敷き皿八寸 涼を感じるガラスのお皿に、オシドリの器。まるで絵画のような八寸に心を奪われます。 ほおずきに包まれた「蒸しあわびキャビア金粉」が豪華ですが、白和え、玉子かまぼこ、く […]