CATEGORY

舞台を観たい!

  • 2019年6月16日

劇団ショウダウン「UNDER WORLD」虚構がいつかリンクする

「とにかくお芝居が観たい!!」の熱が冷めないまま、色々とTwitterをぼぉーっと見ていたら、こちらのお芝居が目に入ってきました。 出演者のプロフィールを見に行くと、偶然、その出演者・竹内敦子さんの誕生日。プロフィール画面に風船が飛んでいるのを見て、こういうのが縁と思い、チケットを購入することにしました。 ……あとから考えたら、ちょっとストーカーっぽい……大丈夫か、本当に。 2つの世界が交わりその […]

  • 2019年6月15日
  • 2019年6月15日

かのうとおっさん「劇団スーパーアレルゲンの死と再生」なんだこれはっ!無条件に面白い

「とにかく芝居が観たい」熱が冷めないうちに誘われ、先週に引き続きHEP HALLへ。 今週はかのうとおっさん……誰だよ、かのうさんってとか思っていたら20周年記念公演とのこと。すみません。 そんな前知識ほぼ無しの観劇でしたが……面白かった! とにかく、面白かった! 無条件にくだらなく、無条件におもしろい かのうとおっさん「劇団スーパーアレルゲンの死と再生」ぶじ初日を迎えました。ご来場のお客様ありが […]

  • 2019年6月9日
  • 2019年6月9日

悪い芝居「野性の恋」ぐちゃぐちゃな感情で恋をしたくなる

Twitterで役者さんをフォローしていると、色々な舞台の公演情報が入ってくる。 面白そうな内容でも、東京でしか公演がなかったり、仕事と丸かぶりで観に行けそうになかったり、お財布の具合がどうにも悪かったり、家族の時間を優先したり、まぁ色々と「観に行かない」という決定をしてしまう。 先週、学生の頃からずっと好きだった演劇集団キャラメルボックスが活動休止してしまい、色んな思いがない交ぜになった結果、「 […]

  • 2019年5月4日
  • 2019年5月4日

「WAR→P! in Fantasy 封印の聖祭と憂国の戦乙女」あなたが主人公……ではないけど、あなたの物語を紡げます

「おお○○よ、死んでしまうとは情けない」 参加型・体験型イベントがここ数年増えている気がします。 SCRAPが広めた「脱出ゲーム」などの謎解きイベントなどがその最たるものですが、スマートフォンを持ち歩くようになって盛んになった「ポケモンGO」のような「現地に行かないとダメ」という位置情報を利用したゲームやダムカードやマンホールカードを集めてまわるのもある種の参加型・体験型イベントといってよいと思い […]

  • 2019年4月6日

キャラメルボックス「スロウハイツの神様」環やコーキがそこにいる

まぁ、なんていうか。あらゆる物語のテーマは結局愛だよね 待ってました。本当に待ってました。 一昨年に東京のみで公演があり、大阪でビデオライブが上映されたとき……ではなく、この作品が舞台化されるとプレスリリースされたときから。 今や直木賞作家となった辻村深月さんが記した夢を現実にしようとあがくクリエイターの群像劇であり、良質のミステリ「スロウハイツの神様」。 一昨年の夏、キャラメルボックスが舞台化し […]

  • 2019年3月16日
  • 2019年3月16日

えーびーがた「地球ロックンロード」むずがゆい気持ちになる初本公演

人の縁というのはおもしろいもので、大きな意味で同じ職場に勤めている方がお芝居をやっていて、そのお芝居がものすごく面白かったので、次の出演をチェックしていたら、気になっていた女優の小野村優さん と共演され、しかも劇場が職場から歩いていける浄土宗應典院本堂。 もうチケット買うしかないやろということで、 真壁愛さんと小野村優さんのユニット・えーびーがたの初本公演「地球ロックンロード」、観に行ってきました […]

  • 2018年12月23日
  • 2018年12月23日

彗星マジック「ポストグラフ」不器用だからこそ

1888年、ポール・ゴーギャンは南フランスのアルルにあったフィンセント・ファン・ゴッホの「黄色い家」で共同生活を送りますが、その生活は9週間で終わりを告げ、ゴッホは自身の耳を切り落とし、それをもったまま売春宿に向かったと言われています。 友人からのお誘いで、前知識なく観劇に。 年内おそらく最後になる観劇でしたが、とっても素敵なものを見させていただいた気分なのでご紹介。 不器用な画家たちがそれでも前 […]

  • 2018年12月8日

キャラメルボックス「リトル・ドラマー・ボーイ」昔と今日と未来

仕事に区切りをつけて早めに職場を抜け出して、次の年は最初から仕事を休みにして……21世紀になってから、この季節は新神戸に向かってキャラメルボックスのクリスマス公演を楽しんでいました。 新神戸オリエンタル劇場の閉館を聞いてさみしく思っている冬ですが、キャラメルボックスは今年もちゃんと関西にやってきてくれました。 新神戸でなく西梅田で、2階席でも舞台からの距離が近く感じる新神戸オリエンタル劇場ではなく […]

  • 2018年11月3日
  • 2018年11月5日

天王寺区広報紙11月号 幻坂~天王寺七坂~の魅力

天王寺区の広報紙11月号、一昨日発行され、天王寺区役所やJR天王寺駅ほかで手に取ることができます。 今月の表紙は天王寺七坂の美しい風景をとらえています。カメラマンのMさん、さすがいい仕事します。 私が広報担当していたときから「天王寺七坂」は題材にしたいと思っていたので、ようやくタイミングがあって特集になったなというところですが、個人的には「自分が担当のときにやりたかった!!」という気持ちで一杯。 […]