CATEGORY

乱読・雑読

  • 2014年2月13日
  • 2014年2月14日

アルスラーンが完結するんですって!? →違ったorz

【’14.2.14 修正】(有)ライトスタッフの方からコメントで誤りを指摘頂きましたのでエントリを修正しました。 仕事帰りにTwitter経由で信じられない情報が入ってきました。 「アルスラーン戦記、完結するってばよ」 ……いやいや、信じませんって。田中芳樹さんが前巻を出してからたった5年で新刊を書くはずがないでしょ。 しかも、物語を完結させる訳がないでしょ。 まったくをもって信じてい […]

  • 2013年12月12日
  • 2013年12月12日

グイン・サーガ131「パロの暗黒」:窓が開いた。

誰かがこの物語を語り継いでくれればよい。どこかの遠い国の神話伝説のように、いろいろな語り部が語り継ぎ、接ぎ木をし、話をこしらえ、さらにあたらしくして、いろんな枝を茂らせながら いつもの半分の厚みの130巻の後書きで、著者である栗本薫さんが、新装版の後書きに記した言葉を書かれていました。 当時、栗本薫さんが亡くなって半年ほど。一人の作家により書かれた世界最長(ギネス未公認)の物語が未完となったことは […]

  • 2013年10月14日

福家警部補シリーズが面白すぎる!

久々にちょっと興奮してしましました。 “こんな気分久しぶりだわ。ワクワクする” 帯に書かれた通りの気分にさせてもらえるミステリに久々に出会いました。 福家警部補シリーズは倒叙型のミステリが好きな人、具体的に言うと「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」シリーズが大好きな人、そんな人向けに書かれたミステリ作品集。 既に3集発表されているのですが、文庫版の第2集「福家警部補の再訪」で興 […]

  • 2013年8月31日

「貞子3D」があまりにもアレなので、改めて原作小説をお薦めしてみたいと思ったり

先ほど「貞子3D」をTVで見ていたのですが……酷かったなぁ、コレ。 公開当初、当初の「呪いのビデオ」から「呪いの動画」のに興味を持って見に行こうかなと思っていたのですが、なんかコレヂャナイ感の漂うプロモーションに不安を覚え結局見に行きませんでした。 ……正解でしたね。コレ、映画館で見てたらぶち切れてたかもしれん。 最近ではもう完全に貞子も出オチ芸人のような扱いで、環境省のクールビズ推進のキャラクタ […]

  • 2013年2月10日
  • 2013年2月10日

愛すべき小説を見つけた。有川浩「旅猫リポート」

好きな作家さん、好きな小説に出会う機会は、雑読を続けていれば少なくありません。 「空飛ぶ広報室」で今年の直木賞の候補にも挙がった有川浩さんも、そんな”好きな作家”さんの一人。 もちろん、映画化された「阪急電車」や、アニメ化された「図書館戦争」シリーズ、舞台化された「シアター!」、その他にも「植物図鑑」「ラブコメ今昔」も”好きな小説”ですし、ウチの仕事である地方公務員が登場す […]

  • 2012年2月12日
  • 2012年2月12日

[4Cards]タイムトラベルなフォーカード

 子どもの頃からの小説好きです。 学生時代と比べると圧倒的に読書量は減りましたが、iPhoneには「ブクログ」のアプリを入れて、 興味を持ったものがあれば、すぐに本棚に登録しています。 ……貯まる一方で一向に減りませんが。 ミステリから恋愛小説までどんなジャンルでも読みますし、好きな小説を挙げていくとキリが無くなってしまうのですが、ウチが聴いているPodcast「Apple News Radio […]