雑食雑記:「曾根崎鉄板食堂はなたれ」オープンレセプションにお誘い頂きました。

infoこの記事は2013年2月5日に書いたものです。
現在とは紹介させていただいている内容が異なる可能性がありますのでご注意ください。

写真(店舗提灯)週明けから嬉しいお誘いがあり、北区曾根崎に明後日の2月6日(水)にオープンされる「曾根崎鉄板食堂はなたれ」さんのオープンレセプションに行ってまいりました。

オーナーの武田則也氏は、神戸にんにくやで有名な(株)エンテックで長らく店舗開発、運営を手がけてこられ、今回、独立して最初のお店としてこちらをオープンすることになりました。

神戸市長田区の”神戸長田焼き”にこだわったお好み焼き、鉄板焼きを提供したいと、店名の「はなたれ」とは焼酎を仕込む行程の中で蒸留器から垂れる最初の一滴のことで、非常に貴重なものをたくさんに知ってもらいたいとの思いで名付けられたとのことです。

この日はレセプションということもあり、多くの料理を同行者とシェアさせていただきました。

  • 前菜盛り合わせ(自家製ピクルス、スペイン風アンチョビポテト、自家製黒豚と鶏レバーのパテ)
  • はなたれ豆苗サラダ
  • 鉄板焼き野菜盛り合わせ(北海道アスパラガスの豚バラ一本焼き、さっくり山芋のゴマパン粉焼き、徳島産丸ごとしいたけのアンチョビバター)
  • 朝引き鶏の盛り合わせ(ハラミガーリック醤油ペッパー、テールの塩焼き、ふりそでの塩焼き)
  • 長田焼き はなたれMIX
  • 辛々ホルモン焼きそば つけ玉子と共に
  • 神戸名物 大貝焼き
  • 特製 海老パン
  • 名物 ホルモン豆富
  • 厚切りロースのトン平焼き
  • マンゴープリン

どれもたっぷりと楽しませていただきました。特に気に入った料理をご紹介。
※料金は実際に提供される際の金額。レセプションで提供された量とは異なることがありますので参考程度に。

Sponsored Link

はなたれ豆苗サラダ(¥750)

写真(サラダ)

はなたれ豆苗サラダ

サラダはエンドウ豆の若葉”豆苗”を使っています。

一般的なサラダに使われるレタス、玉葱とは全く異なった印象のサラダ。
近いのはカイワレ大根や水菜のサラダになりますが、それらよりも豆苗はしっかりとした固さがあります。ベーコンと一緒にあえてあり、ほうれん草とベーコンのサラダよりも歯ごたえが楽しめます。

ハラミガーリック醤油ペッパー(¥730)

写真(鶏)

朝引き鶏の盛り合わせ

朝引いたばかりの鶏肉の鉄板焼きからは、ハラミガーリック醤油ペッパー。もちろん、テールやふりそで(貴重部位ですしね)も美味しかったのですが、ハラミが一番口に合いました。

オーナーさんが元々、神戸にんにくやでの経験があるからでしょうか、ガーリックの使い具合が良い感じ。

あまりゴチャゴチャと味付けしすぎないで、さっぱりとした感じで頂けました。

はなたれMIX(¥1,030)

写真(お好み焼き)

長田焼き(はなたれMIX)

やっぱりこちらの売りの長田焼き(お好み焼き)はご紹介しないと。

広島のお好み焼きのような薄い生地にキャベツをしっかりと合わせるのですが、イカ、豚肉、そして油かす。

神戸市長田区で生産されている地ソースをブレンドした甘味が残りながらも滑らかなソースが絶妙にマッチしています。
生地が軽いので、これなら1枚くらいはペロッといってしまいそうですね。

写真(ワイン)

シャトー・メルシャン アンサンブル藍茜

ここでちょっと番外編。

レセプションにメルシャンの方がお越し頂いてて、「ソースの合う」という赤ワインを提供頂きました。
私、赤ワインあまり得意ではないのですが、不思議なことにソースに確かに合うワインで、ソースをなめて、赤ワインをごくりとあっという間に飲み干してしまいました。

基本的に飲食店にしか卸していないとのことなので、こちらで飲んでみるのも良いかもしれませんね。

辛々ホルモン焼きそば(¥1,080)

写真(焼きそば)

辛々ホルモン焼きそば

かなりスパイシーな焼きそば。

ソースの辛味ではなく、唐辛子などのスパイスが効いた味で、そのままで食べると結構辛いです……いや、これも美味しいのですが。

ところが、生卵に漬けると辛味がかなりマイルドになり、しっかりとしたソース、ホルモンの旨味が浮かんできます。
大ぶりに刻んだ青ネギもソースを吸って、これがまた美味いんだわ。

ホルモン豆富(¥880)

写真(ホルモン豆腐)

ホルモン豆富

見た目はかなり辛そうな鍋ですが、見た目ほど強烈な辛さはありません。

寧ろホルモンにしっかりと辛味噌が絡んで、ついつい手が進むクセのある一品です。
辛味噌にもニンニクを刻んだものなど、旨味をしっかりと出すものが含まれており、スープだけ舐めても充分美味しいです。

うーん、御飯が欲しくなるなぁ。

マンゴープリン(¥480)

写真(マンゴープリン)

マンゴープリン

こちらのマンゴープリン、プリンにゼリーを加えた2重構造になっています。

特にプリンが滑らかで、そしてとにかく濃厚。
上に振ってあるゼリーもマンゴーゼリーなんですが、こちらはちょっと固めでぷるっとした食感なので、プリンとの対比が面白いですね。

同行者は2つペロリと行ってましたが、分かるわなぁ。ウチも2つあれば食べてしまいますね。

写真(調理中)カウンター越しに、鉄板で焼くお好み焼きやお肉はやっぱり見ていても楽しいです。

こちらでは焼くときにつかう油も一般的なサラダオイルやステーキハウスで良くやるような牛脂ではなく、黒豚の「豚あぶら」を使っています。
市場でもほとんど出回ることのないものですが、オーナーによると、豚あぶらで焼くことでこんがり・さくさくとした焼き上がりになり、味に深みが加わるとのことでした。

お好み焼きだけでなく、焼きそば、鉄板焼き、そしてやっぱりそば飯などメニューも豊富で楽しめるお店だと思いますが、ちょっと残念なのはご飯物のメニューがそば飯しかないこと。

焼きそばやホルモン豆富などは、白い御飯が欲しくなるので(同行者はガーリックライスとかがあれば良いのにとも言っていました)、メニューに加えて頂けると嬉しいですね。

本当にごちそうさまでした。

関連ランキング:お好み焼き | 東梅田駅梅田駅(阪神)大江橋駅

ABOUTこの記事をかいた人

があ

大阪生まれ・育ち・勤めの闘う(?)公務員。 一般事務職で採用されたのに、今や福祉職だと勘違いしている人が大多数。濃い顔付きから沖縄人やらアラブ人やら間違える人大多数。違う、違うんだよ-